会の性格と目的 会報「ニュース」の主要記事 父母と教職員による学校づくり 定時制給食問題 県市民実行委員会による対県交渉 保健室から
今、定時制高校では 現・再編統廃合問題 前回・再編統廃合問題 横浜市立定時制高校問題 川崎市立定時制高校問題 意見書
夜間定時制高校一覧 教育講演会・シンポジウム 定時制高校進学説明会 三修制・単位制高校問題 中陣唯夫不当配転問題 研修・服務問題



2021年9月17日 更新 



県知事と県教育長に22年度全日制高校入学定員などに関する請願書を提出し
県教委8月定例会議と公私立高校協議会で意見陳述を行いました
 〈21/8/17) NEW

・高校統廃合をやめて、少人数学級を!
〜「高校改革実施計画 第Ⅲ期」に向けて〜  〈21/8/5) 

・昨年11月に行われた、「いのちとくらしと雇用・営業を守る神奈川県市民実行委員会」による
対県交渉で示された高校教育に関わるる21年度向け要求項目を紹介します  〈21/7/28) 


・これまでの弊害がコロナ禍で臨界に達した
教員免許更新制は小手先の手直しではなく、早急に廃止を! 〈21/7/1) 


・少人数学級・教育予算増額・教職員の増員・県立高校の統廃合見直し等を求め、
県議会に17,262筆の署名を提出  〈21/6/10) 


・コロナ禍、深刻な影響を受ける
夜間定時制生徒の実態と生の声  〈21/5/1) 


・ブラック(理不尽な)校則、コロナ禍で問題になる
生徒の参加のもと、校則の見直しをすすめよう  〈21/3/23) 


・高校統廃合見送り、少人数学級実施、教員増員を求めて対県交渉
保護者や学校現場の生の声が聞けて良かった」    〈21/3/1) 

現場に根ざしたたたかいをもとに会を発足させ
『連合路線の見直しを ニュース』を創刊  (後編)  〈21/2/13) 


・千葉・埼玉並みの全日制進学率93.5%と少人数学級を要求して請願書を提出 〈21/2/7) 

・過大規模校(一学年9〜10学級)につながる高校統廃合をやめ、
教育財政節減ではなく、20人学級を展望した30人学級の即時実施を  〈20/12/27)


・「特別支援学校に勤めて」 <後編>   〈20/12/15) 

・現場に根ざしたたたかいをもとに会を発足させ
『連合路線の見直しを ニュース』を創刊  (前編)  〈20/11/11)


・コロナ禍、「県立高校改革」Ⅲ期計画策定に際し、
 統廃合による大規模校化ではなく、適正規模と30人以下授業を  〈20/10/23)

・かながわ定通懇は、「『県立高校改革実施計画』の見直しと
新型コロナウィルス感染症の拡大にともなう
       社会の変化に対応した高校教育を求める要請書」
を提出しました  〈20/10/16)

・2019年11月に行われた、「いのちとくらしと雇用・営業を守る神奈川県市民実行委員会」による
対県交渉で示された高校教育に関わるる20年度向け要求項目を紹介します   〈20/9/20)

「特別支援学校に勤めて」 <前編>  〈20/9/4)

 ・県知事と県教育長に21年度全日制高校入学定員などに関する請願書を提出し
県教委8月定例会議で意見陳述を行いました  〈20/8/18)

『3密』推進!?  県立夜間定時制18校を5校に削減? 〈20/7/31)

生徒、教職員の健康と生命を最優先する教育活動を 〈20/7/9)

・夜間定時制高校の削減狙う
「川崎市立高等学校改革推進計画第2次計画(案)」について  〈20/5/17


「ゆきとどいた教育を求める署名」報告  〈20/4/18〉

・労基法・憲法違反の「1年単位の変形労働時間制」を
選択・導入させず、長時間過密労働を解消しよう
  〈20/3/14〉

定時制高校の勤務になって  〈20/3/4〉

・「第50回全国臨時教職員問題学習交流集会inちば」報告
まさに“教育に臨時はない”を実感させる闘い  〈20/2/6〉


・過大規模校解消、統廃合反対、公費図書費の大幅増
夜間定時制への事務職配置、定数内臨任の解消・正規教職員増等を求める 〈20/1/10〉


・インクルーシブ教育実践推進校 来年度入学定員8~10学級規模 6校も
自ら定めた「県立高校改革実施計画」の学校規模基準も守れず  〈19/12/28〉


・教員の長時間・過密労働をどう考え、立ち向かうか
(Ⅲ)児童・生徒が希望をもって成長できる「教育行政」にするには  〈19/12/21〉

・2019年度全日制進学率は90.8% 前年度より0.1%下がる
1999年に県が約束した93.5%の早期達成を
  〈19/11/8〉

・教員の長時間・過密労働をどう考え、立ち向かうか
(Ⅱ)これが「日本型教育のよさ」の成果?教師や教委の「工夫」に責めを求める答申  〈19/10/2〉


    


 


連載  「学校にローアンの風を」連続講座に参加して

 ①「労働安全衛生法」(ローアン)を働きがいのある教育現場のテコに  〈13/7/20〉
 ② 「労働安全衛生法」(労安法)で生き生きとした教育現場をとりもどそう  〈13/8/2〉
 ③「労安法」をどのように教育現場で活かすか  〈13/8/6〉
 番外投稿①民間企業労働者からみた学校の労働安全衛生  〈13/8/20〉
 ④勤務時間の厳守と献身的教師像」の再考を  〈13/10/13〉 
 番外投稿今の学校は「ブラック企業」ならぬ「ブラック学校」 〈13/11/9〉 
 ⑤措置要求を活用して勤務条件の改善を  〈13/11/30〉
 ⑥健康リスクは教職員へ 教育の損失は子どもたちへ  (14/3/8〉 
 ⑦ 「労安法」を現場に定着させ、改悪された教育委員会法との矛盾を突く闘いを (14/8/14〉
 番外投稿 ③超勤問題は個人まかせにせず、闘争救援資金は退職時に返金すべき (14/7/5〉 

 番外① 壊れていく教職員を救え
    教職員の労働と健康 負担軽減の仕組み 川口市の取り組み(上)  (14/12/9〉 
 番外② 壊れていく教職員を救え
    教職員の労働と健康 負担軽減の仕組み 川口市の取り組み(下) 〈15/1/23〉



 連載 定時制の保健室から

 「服装と頭髪は、子どもたちの自己表現」です   〈08/ 1/14〉
 ・給食は定時制にとって、「最後の砦」なのです   〈09/11/3〉 
 ・保健室に居場所を求める生徒達         〈11/ 4/23〉
 ・「妊娠した」と相談を受けたときの生徒への関わり 〈11/ 4/30〉
 保健室で育ちあう子どもたち              〈11/ 5/13〉
 うっかり見過ごしてはならない本当のところ     〈11/ 6/17〉

 ・デートDVという言葉を聞いたことがありますか   〈11/ 10/7〉


『会報 ニュース』のバックナンバーから

 『連合路線に反対し定時制教育を進める定時制教職員の会』は1990年3月20日に
  発足しました  (『ニュース』第1号)
 ・分会の再建、当時の分会活動   (『ニュース』第2号)
 ・神奈川高教組が連合路線ににじり寄っていった経過
                       (『ニュース』第3号)
NEW
 ・「単位制高校」の新設に反対する  (『ニュース』第4号) 

 定時制のたたかいから① 連携プレーで跳ね返した「研修日」攻撃
                        (『ニュース』第5号)NEW

 ・定時制のたたかいから ② 15年ルールを巡る闘い
                   (『ニュース』第6号)NEW
 3年間で定時制全校の夜間グランド証明の改善を  (『ニュース』第7号)
 ・定時制のたたかいから③ 是非、養護教諭の専任配置を  (『ニュース』第7号

 廃科や機械的な学級減でなく就学保障と学習権の保障を  (『ニュース』第12号)
 ・定時制教育の充実と発展は研修権を活かしてこそ  (『ニュース』第19号)
 給食費・教科書の国庫補助削減反対  (『ニュース』第20号)
 県民が望む定時制とは  (『ニュース』第25号・26号)
 


  

連載 中陣唯夫(前代表)の随想
  

  ① 「酷暑」は、庶民にはあまりにも辛い  〈16/10/23〉          
  ② 「系統性をもって学ぶ」ということ       〈16/10/23
   ”おもかげ”                  〈17/ 1/14〉
  ④ 老成した生徒らは           〈17/ 3/5〉 
  ⑤ 酌み交わす その背には         〈17/ 6/24〉 
  ⑥ 私のどこが いけなかったのだろう     〈17/ 11/18〉
  ⑦ 降る星のように               〈18/ 2/16〉  
  ⑧ 法は“やりすごされる”、という文化   〈18/10/19〉 
  ⑨教職に「自主研修」は要らないの     〈18/3/6〉
  ⑩ふるさとに聴く、潮の遠鳴り        〈19/12/10〉 
 



神奈川県市民実行委員会による対県交渉

 


21年度向け要求項目を紹介します NEW

 

09~20年度向けの要求項目

 

 1999年4月14日開設・2021年9月17日更新
〒233-0015 神奈川県横浜市港南区日限山4-18-26 保永方
TEL・FAX 045-352-8858