チェロ音楽の楽しみ方 (主なチェロ曲の完全解説)


(2016年8月1日更新:V.46)

アクセスカウンター
チェロ曲というとドボルザークのコンチェルト、ベートーベンのソナタを、まず思い浮かべる方が多いと思います。また、他には曲が無いと思われている方もあるかと思います。実際日本では、チェロ曲のうち、これら一部の曲のみがコンサートで取り上げられているのが現状です。嬉しいことに、古今東西の優れたチェロ曲はたくさんあります。私自身、これまであまり演奏されない曲であっても優れたチェロ曲を数多くの曲をリサイタル等で取り上げてきました。
ここでは、演奏会で取り上げられる機会の多いレパートリー曲および特に優れていると考えられるチェロ曲を中心にとりあげ、チェロ音楽を聞く方およびチェロを弾く方のために、解説します。特にチェロを弾く方のためにはワンポイント・アドバイスがあります。
また、入門者のためのガイドとともに、演奏をされる方のための難易度の目安を星印で表してあります

<関連リンク>

■How toチェロ(チェロ総合解説サイト)
チェロをこれから始めようとする方からプロをめざす人までのアドバイス、インターネット・チェロ講座等

チェロ教室(東京都目黒区)
月1回レッスンから、時間自由な時間で気軽にチェロを始められます。
次のような方はご相談ください
・チェロをやりたいが楽器を持っていない、音符が読めない。
・大学時代にやっていたチェロを再開したい。
・初心者で1からチェロを始めたい。
・定年後の趣味としてチェロをやりたい。
・誕生日等にチェロを披露したい。
・オーケストラで弾けるようになりたい。
・チェロの名曲、あこがれの曲を弾けるようになりたい。
・仕事が忙しいため、空いた自由な時間でチェロをマスターしたい。
・大学のサークルに入ったが良い指導者がいない。

現在チェロを習っているが上達しない。ビブラートをなかなか教えてもらえない。
・将来プロを目指したい。
・音楽大学の合格を目指している。

*当教室より2014年度日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞しました。

*有名音楽大学入学多数。(桐朋学園大学他)
ユニークな教授方法で確実な演奏技術と音楽表現を楽しみながらユニークな教授方法で確実な演奏技術と音楽表現を楽しみながら無駄なく確実にマスターできます。
初心者〜上級者指導、音大等受験、講師養成、コンクール対策
音楽大学在学・卒業の方も試験、コンクール、音楽講師試験等指導します。
希望曲のレッスンも可能です。(バッハ無伴奏チェロ組曲、ソナタ、協奏曲等)
1回のみのレッスンも可能です。

英語によるレッスンも可能です
1回のみのレッスンも可能です。
レッスン料:1回(8000円)
*楽器をお持ちでない方でもすぐに始められます。(レンタル楽器有)
*お問い合わせ:

ここをクリックし、メールを送信できます。

cellists@aol.com
電話:03-3717-4693

チェロ・弓をお譲りします
フランス、イタリー、ドイツ、オールドチェロ・弓の貴重なコレクションお譲りします。
■コンクールに入賞するために
音楽コンクール審査員の視点からコンクールのポイント、採点項目等を解説、主なチェロ・コンクール等
■音楽大学チェロ受験のために
音楽大学合格者の指導経験からチェロ実技受験のポイント等を解説、チェロ受験を目指す方必見
■チェロ教則本について(ウエルナーはやめよう)
主なチェロ教則本と特徴を解説。広く使われているウエルナーの教則の問題点等

■ヴィオラ・ダ・ガンバのすべて
ヴィオラ・ダ・ガンバの歴史、奏法、主な楽曲を解説

■チェロレッスンDVD
チェロの演奏技術を確実にボウイング、左手の技術、ビブラート等
水口貴裕チェロ・リサイタル
2012年1月8日(日)東京文化会館小ホール(好評のうちに終了しました。)
 ピアノ:三谷 温(昭和音楽大学准教授)
<チェロ・リサイタル演映像>
◇ブラームス・チェロ・ソナタ第1番第1楽章より
 使用楽器:ダビット・テヒラー(1730-1740年頃、ローマで製作)
◇サンサーンス「白鳥」、カザルス「鳥の歌」
      使用楽器:ガエタノ・キオッキ(1860、イタリア・パドゥバで製作)


★CD:シャコンヌ/水口貴裕〜魅惑のチェロ小品集」(Beltaレコード)

国内外で活躍しているソリスト、水口貴裕の1stアルバム。「万里の長城杯国際音楽コンクール」での最高位入賞など、
着実にキャリアを重ねた水口の実力が存分に発揮された小品集だ。 「CDジャーナル」誌評論

チェロ:水口貴裕
ピアノ:三谷 温(昭和音楽大学准教授)


チェロ音楽の楽しみ方(主なチェロ曲の完全解説) 収録曲:
【1】バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 プレリュード
【2】フォーレ:「ロマンス」作品69
【3】グラズノフ:「吟遊詩人の歌」
【4】エルガー:「愛の挨拶」
【5】ショパン:「序奏と華麗なポロネーズ」作品3  
【6】バッハ:アダージョ(トッカータ BWV.564より)
【7】バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番 サラバンド  
【8】モーツァルト:アンダンテ・カンタービレ(オリジナルチェロ曲) 
【9】ベートーヴェン:「魔笛」の主題による7つの変奏曲作品46  
【10】サン・サーンス:「白鳥」            
【11】ラヴェル:「ハバネラ形式の小品」       
【12】メンデルスゾーン「協奏的変奏曲」作品17 
【13】ラフマニノフ:「プレリュード」
【15】ヴィターリ:シャコンヌ(原曲バイオリン)     
【16】カザルス:「鳥の歌」      
 

<試聴する>
チェロ音楽の楽しみ方(主なチェロ曲の完全解説)


クリックするとサンプルが聞けます
CDサンプル

直接注文可能です。(税、送料込2500円)
ここをクリックし、メールを送信できます。
cellists@aol.com

 
  水 口 貴裕 (みずぐちたかひろ) チェロ音楽の楽しみ方(主なチェロ曲の完全解説)
(略 歴)
東京に生まれる。
勝田聡一氏に師事。 ニューヨークにてバーバラ・マロウ氏(コープランド音楽院教授、ニューヨーク チェロ協会副会長)の下で研鑽を積む。
ニューヨーク・マネス音楽院にてチェロをピーター・プロッサー氏に室内楽をナンシ ー・ガーネー氏に学ぶ。
Bergen Philharmonic Orchestra(米国ニュージャージー州)のチェロ副首席奏者を勤め、ニューヨークを中心にソロ、室内楽活動を行う。
1994年にニューヨーク・デビュー・チェロ・リサイタルを開催、 日本国内における演奏活動としては2005年、2007年、2009年および2012年の
東京文化会館におけるチェロ・リサイタルなど多数のリサイタルを開催するなどソリストとして幅広く活躍。 海外における演奏活動としては、
フランス(パリ)、チェコ(プラハ)、 ポーランド(ワルシャワ)、ドイツ(ミュンヘン)、ベルギー(ブリュセル) などヨーロッパ主要都市、
アジアでは中国などにおける演奏会でソリストとして幅広く活躍。国際音楽祭にもソリストとして出演、国内外のオーケストラと共演。
日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門審査員を務める。文化庁派遣事業協力芸術家。
その演奏は「高いレベルの音楽を生み上げる心意気に好感...」(音楽の友誌)など美しい音色と洗練された音楽により高い評価を得ている。
現在、東京を拠点としてソリスト、室内楽奏者として活躍する一方、チェロの普及・ 指導に努めている。
リサイタルでは、日本ではほとんど演奏されない優れたチェロ曲を意欲的にとりあげ紹介している。
ラジオ出演中(渋谷クロスFM)。
◇コンクール入賞歴: 「万里の長城杯」国際音楽コンクール・弦楽器部門最高位入賞(1位なし第2位)
ベストプレイヤーズ・コンクール入賞(審査賞)他
◇CD:チェロ小品集「シャコンヌ」」ベルタレコード ◇ 著作等: 「愛の挨拶」KMP他
使用楽器:フランチェスコ・ルジェリ(Cremona、1675年)★Francesco Ruggeriについて
使用楽器:ダビッド・テヒラー(Rome、1730-40年頃)
★David Tecchlarについて
ガエタノ・キオッキ(Pauva、1860年) ★Gaetano Chiocchiについて
使用弓:F.ペカット、F.リュポ、F.ボアラン






リサイタルでは、日本ではほとんど演奏されないが、優れたチェロ曲を毎回積極的にとりあげ紹介している。
◇プロコフィエフ:チェロソナタ
◇サンサーンス:チェロソナタ1番
◇サンサーンス:チェロソナタ2番
◇メンデルスゾーン:チェロソナタ1番
◇メンデルスゾーン:チェロソナタ2番
◇フォーレ:チェロソナタ1番
◇フォーレ:チェロソナタ2番
◇ショパン:チェロ・ソナタ、「悪魔ロベール」の主題による大二重奏曲
◇バーバー:チェロソナタ
◇ドビュシー:チェロソナタ
◇ルビンシュタイン:チェロソナタ1番
◇ドホナーニ:チェロソナタ
◇シベリウス:マリンコニア
◇ピアソラ:ル・グランタンゴ
◇ビターリ:「シャコンヌ」(ルイジ・シルバ編曲)
◇カサド:無伴奏チェロ組曲
◇イザイ:無伴奏チェロソナタ 作品28


***************************************************************************************************************************


水口貴チェロ・リサイタル

*高いレベルの音楽を生み上げる心意気に好感...「音楽の友」評論より

<前回のリサイタル>

■2012年1月8日(日)午後2時開演 東京文化会館小ホール
 (好評のうちに終了しました。)
ピアノ:三谷 温(昭和音楽大学准教授)
曲 目 :
◇ショパン チェロソナタ ト短調Op.65
◇ブラームス チェロソナタ 第1 番ホ短調作品38
◇ショスタコーヴィチチェロソナタ 作品40
◇バッハ チェロ「ビオラ・ダ・ガンバ」ソナタ 第3番

ピアノ:三谷 温
桐朋学園大学卒業。卒業後、園田高弘氏の下で研鑽を積む。
ウィーン、パリ、ブリュッセル、プラハ、ブダペスト、ワルシャワ等ヨーロッパ主要都市における演奏会の他、ルーマニア国立オーケストラ、
ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団、ドゥブロヴニク交響楽団他と共演。
2003年には文化庁より初代「文化交流使」に任命され、欧州各地において多数の演奏会に出演。フヴァル音楽祭に出演。
アメリカおよびヨーロッパでマスタークラスを開催、ザルツブルクで「On Mitani Zyklus」が開催されるなど、国内外で幅広く活躍。
マリア・カナルス・コンクール入賞。
昭和音楽大学准教授、演奏表現学会理事、アップビートとかち音楽祭音楽監督。


<前回のリサイタル>


2009年1月9日(金)夜7時開演 東京文化会館小ホール(JR上野駅上野公園出口前)
ピアノ:栃木典子(昭和音楽大学元講師)

曲 目 :
◇ボッケリーニ チェロ・ソナタ 第6番 イ長調
◇シューベルト チェロ・ソナタ 「アルペジョーネ」 イ短調 D.821
◇フォーレ 
チェロ・ソナタ
 第1番 ニ短調 作品109
◇ブラームス チェロ・ソナタ 第2番 ヘ長調 作品99


<前々回のリサイタル>

2007年1月6日(土) 東京文化会館小ホール
ピアノ:栃木典子(昭和音楽大学元講師)
曲 目 (
◇ベートーベン:チェロソナタ第3番 イ調 作品69
◇ドビシー:チェロソナタ ニ短調
ルビンシュタイン:チェロソナタ第1番 ニ長調
◇ドホナーニ:チェロソナタ 変ロ短調 作品8


2005年1月8日(土) 東京文化会館小ホール
ピアノ:江澤聖子<BR>
(国立音楽大学教授、桐朋学園大学講師、日本音楽コンクール、イタリア・カントウ国際ピアノコンクール1位)<BR>
曲 目 :<BR>
◇ラフマニノフ:チェロソナタ ト短調
◇サンサーンス:チェロソナタ第1番ハ短調
◇メンデルスゾーン:チェロソナタ第1番変ロ長調<
◇バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調



チェロ音楽の楽しみ方(主なチェロ曲の完全解説)




















渋谷クロスFM (88.5Mhz) レギュラー出演中
http://shibuyacrossfm.jp/
毎月第3火曜日夜10時より放送(トークと生演奏)
渋谷クロスFMサテライトスタジオ(東京都渋谷区神南1-12-13)にて
[イメージ]

[イメージ]

<放送予定/演奏曲目>
・6月21日(火)午後10時:ラロ・チェロソナタより第2楽章、グラナドス「オリエンタル」、パラディス「シシリエンヌ」
・7月19日(火)午後10時:ベートーヴェン・チェロソナタより第1楽章
・8月15日(火)午後10時:ドヴォルザーク・ソナチネより第1楽章、第2楽章

<これまでの放送/演奏曲目>
ラフマニノフ・チェロソナタより第1楽章、ヨハン・シュトラウス「ロマンス」2番、フォーレ「シシリエンヌ」、サンサーンス「白鳥」、ブルッフ「コルニドライ」、バッハ無伴奏チェロ組曲より第1番プレリュード、第2番プレリュード、アルマンド、サラバンド、第3番サラバンド、エルガー「愛の挨拶」、グラズノフ「吟遊詩人の歌」、ショパン「チェロ・ソナタよりラルゴ」、ラフマニノフ「ヴォカリーズ」、フォーレ「夢の後に」、グリーク「インテルメッツォ」、フォーレ「エレジー」、ドヴォルザーク「4つのロマンティックな小品」より、エルガー「チェロ協奏曲」より第1楽章、シューマン「トロイメライ」
ビオラ・ダ・ガンバ独奏:テレマン「忠実な音楽の師-無伴奏ソナタ」、オルティス「装飾変奏法より無伴奏レセルカーダ第2番」

日本クラシック音楽コンクール審査員 
埼玉地区本選審査(彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて)
[イメージ]
 
東京地区予選審査(パルテノン多摩にて
恵谷真紀子氏(ビオラ奏者、武蔵野音楽大学講師)、土肥 敬氏(チェロ奏者)とともに

[イメージ]

お問い合わせ
ここをクリックし、メールを送信できます。
cellists@aol.com
電話:03-3717-4693
下記連絡フォームからも連絡可能です。(携帯電話以外のPC,スマートホン等)

日本クラシック音楽コンクール審査員
*本年は東京地区本選、埼玉地区本選、東京地区予選の審査員を務めました。 
埼玉地区本選審査(彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて)
[イメージ]
 
東京地区予選審査(パルテノン多摩にて
恵谷真紀子氏(ビオラ奏者、武蔵野音楽大学講師)、土肥 敬氏(チェロ奏者)とともに

[イメージ]


*********************************************************************************************************************************