ごあいさつ
お知らせ
地図・時間
院内のご案内
受診の仕方
自己紹介
インターネット予約

おかの小児科からのお知らせ


※オンライン診療ができるようになりました。
新型コロナウイルス流行のこの時期、オンライン診療の時間枠を広くとっております。

オンライン診療「クリニクス」
◎詳しくは受付にお問い合わせください
受付:03-5621-2336

 
  令和3年インフルエンザワクチンのお知らせ

インフルエンザワクチンの接種予約を、9月1日(水曜日)午前10時より開始します。接種は10月23日(土曜日)開始です。

待合室が混まないよう滞在時間の短縮のために、昨年同様あらかじめ会計を済ませて頂くよう致します。もし、接種できなかった場合は全額払い戻し致します。領収証2部発行するなどで手違いがないようにして参ります。

体調が少しでも心配なお子さんは、必ず後日に接種機会をもうけますので、安心してキャンセルして下さい。
新型コロナウイルス流行の完全収束にはまだ時間がかかります。少しでも、鼻水、咳などがある方は、お電話頂き御相談するか、前もって受診してください。またご家族に体調不良があったり、保育園などで身近に感染者のいる方は、あらかじめご連絡下さい。体調不良の方は、接種時間帯に来院されないで下さい。
付き添いのご家族の人数もできる限り少なくして下さい。


【インフルエンザワクチンについて】

インフルエンザワクチンは生後6ヶ月から接種可能です。
厚労省の規定では
6ヶ月から3才未満  0.25ml/回、1週間から4週間あけて2回
3才以上13才未満  0.5ml/回、 1週間から4週間あけて2回
13才以上       0.5ml/回、 原則1回、場合により2回
となっております。

ワクチンは、A型2種類、B型2種類で構成されております。それぞれの型の種類はWHOの勧告に基づいて、厚生労働省が毎年決定し、国内生産のインフルエンザワクチンはすべて構成は同じです。今年も昨年と同様少し型変更があります。
2回接種の場合は、4週間あけることが一番抗体上昇がよいと言われます。
3才以上のお子さんで、毎年接種しているか、インフルエンザに罹ったことのあるお子さんであれば、1回接種にしている場合もあります。(海外は1回です)
インフルエンザに関して、重症化しやすいとされるのは、5才未満のお子さんとご高齢の方々です。
なるべく、12月までには接種を終えるようにしてください。

金額は消費税込みで
0.5ml接種を 1回 3800円
0.25ml接種を1回 3200円

【予約について】

月、火、水、金曜日は、午後3時半から1時間ほど、土曜日は2時半から5時までにインフルエンザワクチンの枠を設けて行います。 例年通り予約制です。インターネットにパソコン、携帯電話、スマートフォンでアクセスして予約できます。予防接種は通常のものは1月先までですが、インフルエンザワクチンは4か月先までの予約が可能です。 予約は今年は9月1日の午前10時に予約開始にします。
2回接種の予定の方は、予約の段階で必ず2回の予約を入れてください。 2回の接種間隔は、4週間がもっとも抗体上昇がよいそうですが、流行が押し迫ったら、1週間以上の間隔で可及的速やかに接種してしまう場合もあります
接種日より前までに問診票をとりに来てください。
オンライン診療のクリニクスの予約は使えません。


また、問診票のうけとり、前払いは、10月以降はワクチン接種時間帯(平日午後2時から4時半、土曜日午後)は避けてください。

新型コロナウイルスの感染リスク回避のためご協力お願い申し上げます。
 ※予約時間を照合しますので、メモに控えてお持ちください
 ※何かご不明な点がありましたら、受付へお問い合わせください
 受付に予約方法の詳しい説明が置いてありますので、お持ちください
 
令和2年10月より、今まで行われてきた、予防接種間隔の規則が
大幅に緩和されます。前日に他のワクチンを接種していても接種
できるようになりました。そのため、予防接種計画が立てやすくなります。いままでインフルエンザワクチンの時に、ご希望がある場合同時接種をおこなってまいりましたが、時間短縮のため、インフルエンザのワクチンは、基本インフルエンザのみの接種としていきます。
細かな注意点等は、説明書きをお渡しいたします。

【その他の予防接種】

1. 同時接種の種類が決まっている場合は、画面にしたがって項目を選んでください。BCG、ロタウイルス、子宮頸がんワクチンは、直接窓口03-5621-2336にご連絡ください。また同時接種の項目の決まってない方は、決まっている項目で予約し同様に窓口にご連絡ください。

2. ロタウイルスワクチン
令和2年8月1日生まれのお子さんから、10月より定期接種になります。
 2回のものと、3回のものがあります、いずれも生後15週未満までに第1回をうけることが望ましいとされています。生の経口ワクチンです。 ご相談して予約に入れさせていただいております。

3. B型肝炎ワクチン
生後2か月から1歳のお子さんは定期接種で、3回受けることができます。将来のどこかで、このウイルスと接点を持ち、B型肝炎に感染し、肝炎、肝硬変といった経緯をとるリスクがないわけではありません。お子さんの時期に感染するとキャリアになる可能性が高いのだそうです。ワクチンで防げる病気ですので、WHOの勧告どおり、小児期に接種を行っておいた方がよいという 動きが広まっています。まだ接種してないお子さんは、思い立った時にはじめていただいてよいので す。3回接種になります。 1回目と2回目は4週間あけて、3回目は2回目から20週以上あけて接種になります。

4. 子宮頸がんワクチン
 定期であるままで、勧奨は控えるという状況です。ご希望の方は相談して考えていきましょう。

5. 健診の予約もインターネットでできるようになりました。予約が入らず、お困りの方は窓口にご連絡ください。お手数をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。
 
 

おかの小児科
代表/受付:03-5621-2336