♪木更津ドライブ♪

2002年10月19日
30年以上の友達であるF谷と木更津までドライブに行ってきた。
企画理由が、私のアルファードに付いているETCを使うとアクアラインの通行料金が通常3,000円の所、2,320円に割り引かれるので、それを使って木更津までとにかく行ってみよう、と言う事に....(動機は甚だ不純である...)

元々行き当たりばったりのいい加減なドライブなので計画なんか何もない。
木更津に行って美味い海の幸でも食べよう、これがドライブの趣旨と言えば言えるが。

朝6時50分。 JR川崎駅前でF谷と待ち合わせる。
オヤジの集まりは朝が早い....
天気は曇り空で今にも雨が降りそうな嫌な空模様だ。
天気予報では関東は夜から雨との事。 

そして一番降水確率の高いのが千葉県南部で50%....千葉県南部?...私たちが行く先じゃないか....ナンという不運....。
これはF谷の日頃の行いが悪いせいだと、私は待っている車の中でひとりつぶやいていた...「あいつのせいだ....ぶつぶつ...」

とにかく午前7時。 いい加減なドライブに出発した。
川崎駅前の市役所を横に見て、ずっと走るとほどなくアクアラインの乗り口がみつかった。 1本道とは言え、色々と分岐があって面倒くさい。

アクアラインに乗って、途中の「海ほたる」までは海底トンネルを走るので、景色は全く楽しめない。
それでも10分も走ると、眺望が開け、海の上に出て、海ほたるに。
せっかく来たのだし、まだ7時半にもなっていないので、海ほたるに立ち寄って見ることにした。
F谷は家族旅行で何度もこの海ほたるを利用しているらしく、どこになにがあるか知っていたので色々と教えて貰った。

朝も早いせいか人も閑散としており、食事ができる店も1軒だけなので、とりあえず、その店で朝食を取ることにする。

カフェテリア形式で好きなモノを選んで、後は会計を済ませ、適当に席を探して座ればいいのだ。
私は和風朝定食とサラダ、F谷は天ぷらうどんを食べることに。

昔、私は友達と旅行に行くと、朝飯からカツカレーを食べて「朝っぱらから、よくそんなものが食べられるな」と嫌な顔をされたのを思い出す。

もう食べないのか? いや、たまたま、その店にカツカレーがなかったので和定食にしただけだ....。

外は曇り空で、景色は良いとは言えないが、それでも海の見える窓際でのんびりと朝飯を食べるのまた格別である。

その店でゆっくりと時間を過ごしてから、木更津に向かった。

海ほたるから木更津までは海の上を走るコースなので、爽快である。
それでもモノの20分も走らず木更津到着。

昔、東京湾をぐるっと回って千葉に行っていたのがウソのようである。
3,000円の高速料金が高いか安いのか私には分からない(ま、高いんでしょうな)。

しかし、時間をお金で買う、と言う観点からすれば、妙に納得できる部分もある。
高い料金が災いしてか、交通量も少なく、走るにはすごく楽である。

だから、運転の疲労も東京湾を回ってくるルートに比べたら格段に少ないと思う。

川崎駅前にて。 「海ほたる」駐車場 おなじく「海ほたる」駐車場 朝定食を食べる「相撲取り」... 美味そうなてんぷらうどんだった♪
これが私の食べた和定食+サラダ 「海ほたる」内部 「海ほたる」のデッキより木更津方面を望む。 木更津の漁港にて 寿司屋「やまと」店頭。 食後である。
上下の写真を見比べて貰うと分かると思うのですが、どうも上の写真は画像が粗すぎるようです。
上の方はカシオの「EXILIM S−2」で撮影し、下はフジフィルムの「FinePix 4900」撮影しました。
機種による違いと言うよりも、カシオの方は撮影モードをノーマルに落として撮して、フジの方はファインモードで撮したのです。
どちらもフォトショップを使って同じ程度の容量まで解像度を落としたのですが、出来上がりはご覧のように差が出ました。
やはり、カメラ本体の解像度は落とさないで撮影してから、パソコン内で解像度を落とす作業をした方が、より自然な感じの写真ができあがるようです。
漁港にて、F谷、またの名を「Gおじさん」 これも漁港にて、 船...見れば分かる....


とにかく、無事、と言うか、あっけなく木更津に入ってしまった。
その後はナビを使いながら、まず海岸に行く事に。
運良く、車で間際まで降りられる海岸をみつけ、そこにアルファードを停めて、海岸に腰を下ろし、綺麗な空気にあたる事にした。
暑くもなく寒くもない、本当に気分のよい風が。

そこで2時間近くいただろうか、腹が減ってきたので、店を物色に。
せっかく木更津に来たのだから、海の幸を食べようと言うことになり、寿司屋を探すことに。

実はこれだけは下調べをして行ったのだが、内房に数店、チェーン店の寿司屋があって、その評判がいいのだ。
「やまと」と言う寿司屋なのだが、その木更津店を探して行くことにした。

と、行っても、その海岸から車で5分も走れば着いてしまったが...

時間は午前11時。

「やまと」は寿司屋と言っても回転寿司である。
しかし、回転寿司を侮ってはいけない。
本当に色々なネタがあるのだから。
「金目鯛」、「そい」、「やがら」、「ほうぼう」、など地の魚を中心に豊富なネタがあるのには驚いた。

土曜日と言う事もあるのだろうか、我々が食べ始めると、すぐにお客で一杯になってきた。 帰り際に、来ている車のナンバーを見ると、他県ナンバーが多い。

そこで腹一杯、海の幸を堪能してから、またあてどなく走る事に。 富津方面や、木更津の駅前、など話をしながら適当に流していた。

その後、喉が乾いたので喫茶店でお茶を飲んで、最後に漁協の販売店でおみやげを買って帰路に就いた。

それが午後4時頃であったが、その漁協を出ると、雨が降り始めたのだ。

それまで曇天ではあったが何とか持ってくれたのは助かった。 雨の中を濡れながら、と言うのは避けたかったので。

このタイミングの良さを、きっと私の日頃の行いがよかったせいだろうと、内心ニヤニヤとしていた。

木更津では、何をした訳でもないが、体も気持ちも弛緩させてのんびりした1日が過ごせて満足であった。


東京に戻ってから、晩ご飯は「一風堂」と言う九州ラーメンの名店に行くことにした。

場所は世田谷区の駒沢通りの駒技公園の近くにある。

私は友達に教えられて食べてから、その味が大好きになり、何度か通っていたが、F谷は初めてと言う事で、一風堂に行く事にしたのである。

F谷はこってりした「赤丸」の肉入り(とんこつチャーシュー麺という感じである)に海苔と煮タマゴのトッピングを。
私はいつもと同じで、あっさりしている「白丸」の肉入りに、海苔とネギのトッピング。それに明太子ご飯と一口餃子を。

それを食べ終わって、夜7時。 ちょうど12時間のドライブは終わりになった。

走行距離はちょうど200km。 確かに疲れたが、心地よい疲労と、気分転換ができた事での爽快感はいいものだ....。


おしまい