友人のケンケンさんが、2002年8月3日(土曜日)、清水港に停泊していた海上保安庁の巡視船『おきつ』に乗って駿河湾を1周したそうです。 そして艦内見学だけですが、海上自衛隊の護衛艦の「さわゆき」も乗船したそうです。

その時に撮した写真が数葉あるので、簡単ではありますが、いつものようにページにまとめてみました。

尚、これ以降の文章と写真は、ケンケンさんの承諾を得て、本人の文章と撮した写真を使わせて頂くことにします。

短時間ですが、駿河湾を航海した巡視船「おきつ」と、乗船した時にもらったお菓子の詰め合わせ?とジュース♪(去年は牛乳だけだった)

「おきつ」から見た三保の松原です。

小さな巡視艇は航海中後方警戒してくれた「ふじかぜ」です。

そして当日、海上自衛隊の護衛艦「さわゆき」が一般公開されていたので、ついでに艦内を見て廻りました。

普通の船と一番違う所は、艦橋(ブリッジ)はあくまでも、肉眼で前方確認するだけで、艦を操舵する機能は全くありません。ただの展望台です。

操舵室は艦体の甲板よりもかなり下に位置していて、8畳間くらいの大きさです。艦橋からの指示を受けて操舵するそうです。艦橋は被弾する恐れがある為に、操舵室と分けてあるとの事でした。

「これは、そういう船なんだなぁ」と妙に緊張したりしましたが、その後入った食堂に駄菓子屋さんにあるのと同じ、アイスクリームの冷蔵庫があって、「100円」と書いた紙が貼ってあるのを見て、イイ意味でちょっと力が抜けました♪

仲良しのお友達の写真です。 私のクルマの音を覚えていて、駐車場からけっこう離れているのに、すぐに気が付き、前足をフェンスの上にかけて、ジタバタしながら大きな声でほえ続けます。 この日もジタバタしていましたが、なんとカメラを向けたら、急におすわりして、「おすまし」しました。
カワイイです♪

「護衛艦さわゆき」の艦内通路です。操舵室から食堂へと向かう途中です。
この先の食堂に、100円アイスがあるのです♪
とても狭くて、すれ違うのがやっとって感じでした。

巡視船おきつ
   
  全長   67.8メートル
  幅      7.9メートル
  総トン数 526.56トン
  主機関  3000馬力(1500馬力×2)
  速力   18.65ノット
主要兵器  20ミリバルカン砲 1基


護衛艦さわゆき

  全長   130.0メートル
  幅      13.6メートル
  総トン数  2,950トン 
  主機関  ガスタービン4基2軸 45000馬力(11250馬力×4)
  速力   30ノット
  乗員   約200名
主要兵器  62ミリ連射砲×1 
        高性能20ミリ機関砲(CIWS)
        短SAMシースパロー装置一式
        SSMハープーン装置一式
        アスロックランチャー×1
        3連装短魚雷発射管×2
        対潜ヘリコプター×1


船上から見た三保の松原 海上保安庁巡視船
「おきつ」
海上自衛隊護衛鑑
「さわゆき」
シルエットに浮かぶ護衛艦「さわゆき」 巡視艇「ふじかぜ」
「おきつ」 護衛鑑「さわゆき」の艦内 「さわゆき」の船首 「おきつ」乗船で貰ったお菓子♪ ケンケンさんの友人?
または「愛人」?