長篠の戦い(設楽原合戦)
(1575年)



HOMEに戻る


管理人のお・へ・や・♪に戻る


信長の野望のTOPへ戻る


戦国合戦・人物評のTOPへ戻る




長篠の戦いとは
※ここだけ代表的な説によって記述


小中学校の教科書に載ってるくらい有名な戦い。

要するに騎馬隊を使った従来の戦法をとる武田軍を、
信長は鉄砲隊を組織的に運用するという新発想により破り、
戦国の戦い方を根本から変えてしまった、という位置づけがなされている。

その詳細は、

1575年5月、甲斐の大名、武田勝頼は自ら1万5000の軍勢を率い、徳川家の
三河・長篠城を包囲した。
この長篠城を救うべく、徳川家康は織田信長に援軍を要請。
これに応じた信長は3万5000の軍勢で家康と合流する。

織田・徳川連合軍合計4万3000は長篠城を救うべく出陣し、設楽原に布陣した。

これに対し、武田勝頼は2000の留守部隊を鳶ケ巣山砦に入れて、後方に残し、
残りの1万3000をもって、設楽原に進出する。

何日かの睨み合いが続いたが、この間、信長は家康の家臣の酒井忠次に
4000程の兵を与え、鳶ケ巣山砦を奇襲させた。
この結果、鳶ケ巣山砦は陥ち、武田軍は退路を断たれてしまった。

5月21日、もはや前に進むしかなくなった武田軍は連合軍に対し、攻撃を開始した。

勇猛をもってなる騎馬隊を擁する武田軍に対し、連合軍はまず、自軍前面に
柵を並べてそれを防ぐ一方、保有する3000挺の鉄砲を
1000挺づつ3段に並べ、間断なく撃ち続けるという戦法を取った。

この鉄砲隊の威力の前に武田軍は全くなすすべがないまま敗北。
武田軍は、およそ1万の兵を失い、さらに多くの優秀な家臣が戦死してしまった。

武田家はこの戦を境に衰弱し、1582年の滅亡のきっかけとなった。



鉄砲3段撃ち


この戦いで織田軍がやったとされる「鉄砲3段撃ち」について書きたい。

この戦法は、
鉄砲隊を3隊にわけ、第1隊が撃ったらすぐに後方に下がる。
かわりに2隊目が前に出て撃つ。その次は3隊目、という具合。
後ろに下がった隊は待ってる間に弾込めをして、再び前に出て撃つ。
これを繰り返すことによって、途切れなく射撃し、
あたかもリボルバーのように撃ちまくる、というものだ。
この戦法の前に武田軍は「手も足も出なかった」らしいが・・・。

だが、これがどうもうさんくさい。

NHKの番組で実際の古戦場の映像を見たけど、メチャクチャ狭い。
あんなところに、敵味方5万人以上も入るのか疑問になるくらいに。
しかも、連合軍の防衛ラインも一直線ではなく、けっこうジグザグに入り組んでいた。

地形のせいで、ラインの端から反対側の端まで見渡せないから、
「他の味方がどう動いてるか」を見ながら戦うのも難しそうだ。
それと狭いスペースとを考え合わせると、3000人もの鉄砲兵を1000人ずつ、
組織的に入れ替えながら撃つなんてのは、よほど訓練された軍隊でも難しいんじゃないか?

そもそも鉄砲兵なんてのは最下級の武士だ。
その彼らが現代の職業軍人並に訓練していたとも思えないし。

実際は、今まで、てんでバラバラに撃っていた鉄砲隊を、ある程度のまとまった数で
一斉射撃した、というあたりがせいぜいらしい。
つまり、よく時代劇やドラマでやるような「機関銃のような連射」には程遠いのである。

それでも後の世に長く語り継がれる位にインパクトがあったのだ。
鉄砲隊がそれなりに威力を発揮したのは間違いないのだろうが。

それに対して、「武田騎馬隊」についても一つ。

騎馬隊というのは騎馬武者の集団の事を指すが、この時代にそんな物は存在しない。
日本でそういう本当の意味での騎兵部隊が出来たのは、明治に入ってからだ。

とはいえ、西洋の馬よりもかなり小さな日本馬、またはそれの亜種を使用していたため、
騎兵本来の運用(”強大な打撃力”としての集団突撃)に耐えうるものではなかったが。

当時より武田軍の強さに定評があったのは事実だが、それと騎馬隊は関係ないようだ。



一斉射撃をするという事

鉄砲隊を持ってるのは織田信長だけで、
武田家や他の大名達はそれを持っていない、と勘違いをしている人が結構多い。

しかし、実際は武田軍も1000挺程の鉄砲を有していたようである。

逆に「織田軍の鉄砲3000挺」というのは誇張で、
実際には1000挺、下手をすると500挺くらいだった、という説もあるくらいだ。

ではなぜ、織田の鉄砲隊のみが威力を発揮できたのか。

さっき、鉄砲3段撃ちはウソであり、一斉射撃をしたというのがせいぜい、と書いた。

しかし、この「一斉射撃」というだけでも当時としては十分画期的だった。

鉄砲兵がそれぞれ適当にパラパラと撃つより、まとめて一つの目標に一斉に撃つほうが
威力がある、というのは想像に難くない。

同じ10人死ぬんであっても、ひとりずつ時間をおいて死ぬ場合は、
その順に戦線の穴を埋めてゆけばいいが、同時に10人に死なれてしまうと
それもままならない。
すぐに戦線の穴は埋まらないし、そこを攻撃されれば最悪の場合、
部隊が混乱状態になり、戦闘能力を失ってしまうかもしれない。

一斉射撃については、無論それまでも、10挺や20挺ではやった奴もいただろうが、
数百挺単位となると、初めてかは判らないが、かなり斬新だったはずだ。

これは織田家の軍隊編成の特殊性によるところが大きい。

その前に、まず「従来式編成」の代表例として武田家を引き合いに出す。

武田家に限らず、「殿様」の下には「家臣」がいる。
しかし、この「家臣」も規模こそ小さいものの、やはり「殿様」なのだ。
それぞれ城、またはそれに準ずる根拠地と領地を持ち、一族郎党を養っている。

つまり、一般に言われる大名とは、
小さな「殿様」達が集まって構成された連合政権の頭領に過ぎないのだ。

だから、戦争の時もその軍隊はすべて総大将のものではなく、
それぞれの「殿様」が、それぞれの軍隊を持ち寄って集まった、「連合軍」なのである。

だから武田家全体で1000挺の鉄砲があったとしても、
それらすべてが武田の大将の物ではないから、それを一ヶ所に集めることはできず、
各所に配置された「小さな殿様」達が自分の部隊に装備させたままであった。
1000挺の鉄砲、といっても各所に分散して配置していたのである。

だが、織田軍は違うようだ。
作家の司馬遼太郎などは、
織田軍は信長の軍隊であり、家臣達は固有の兵力を持たず、
信長から兵を預かっているに過ぎなかった、と言う。

要するに織田家の家臣達はサラリーマンと同じだとする。
その中から出世した奴、羽柴秀吉や柴田勝家のような奴だけが
領地をもらい、信長配下の大名となる。
それ以外の奴はサラリーをもらうだけだと言うのだ。

とすると、3000挺の鉄砲も、「そのうちの30挺はAさんの部隊のもので20挺はBさんのもの」
というふうに考える必要がなく、
「鉄砲隊はみんなココに配置する!」と信長が決めればその通りにできたわけだ。

真相は今もよくわかっていない。
が、まるっきり上記のようではなくとも、少なくとも、
総大将の思う通りの編成ができるという点において、
武田家よりは相当に上記の状態に近かった、というのは間違いない。

そして、その鉄砲隊をいくつかに分けて、それぞれに「鉄砲奉行」をつけた。
後に加賀百万石として有名な前田利家なんかはこれをやっている。

その鉄砲奉行の命令により、武田軍に対し、
最良のタイミングを見計らって一斉射撃を浴びせたのだ。



この合戦における一斉射撃の効果


NHKの番組で古戦場の映像を見た、と書いた。

その映像によれば、戦場は、でこぼこに入り組んでいて、
織田軍の防衛ライン沿いに横一線に攻撃するのは難しそうだった。

その防衛ラインに連合軍は防御施設を作った。

一般には、棒と縄で作られた「馬防ぎの柵」といわれる物で、
武田の騎馬隊の突進の威力を抑えるためにそれを作った、とされている。

だが、実は野戦築城ともいうべき大土木工事をやり、溝をうがち、その土で塀を立てた。
騎馬隊はおろか、歩兵隊でさえ容易に近づけないものだったらしい。

しかし、この防御陣地には穴があった。

武田軍の陣地から連合軍の陣地に向かい、道が一本通っている。
その道向かいに連合軍は防御施設は特に設けていなかったようなのだ。
それ以外の場所、道のない陣地正面には防御施設を設けたのに、である。

ちなみに、この道以外の場所には水田が広がっており、
その泥で歩行にも支障がでるほどの状態だったらしい。

これではまるで「ここを通っていらっしゃい」とでも言わんばかりだ。

はたして、武田軍はここを通った。
この細い道は縦隊で通るしかなかっただろう。

そして、その縦隊の先頭に向かって、連合軍鉄砲隊が一斉射撃したのだ。
狭い場所に押し込められた敵に集中砲火を浴びせる。
別に「鉄砲3段撃ち」なんていう大技を使うまでもなかったに違いない。



武田勝頼という武将


それでも武田軍は道を強引に突破し、土塀を乗り越えて連合軍に襲い掛かった。
一時的には連合軍を押しまくった。
これは本当にすごい。

しかし、連合軍の鉄砲攻撃で多大の犠牲を出したうえに、相手は自軍の3倍である。
その攻勢は長続きせず、息切れし、ついに連合軍が総反撃に転じた事により一気に崩壊した。

結果、武田軍は大敗北を喫したわけだが、
3倍の人数を揃え、防御施設と大量の鉄砲による万全の作戦で待ち受けていた
連合軍にこれだけ戦えたのだから、やはり武田軍は強い。

逆に言えば、信長はそれほどまでに、この武田軍を恐れていたのである。

武田軍の死者1万に対し、連合軍のそれも6000にのぼったという。
まあ、この数字は相当誇張もあるだろうし、
死者だけでなく逃亡者や行方不明者も含めたものだろうが、
少なくとも連合軍には死者がほとんど発生しない、
というような一方的な戦いではなかったのだ。
(武田軍の死者の数は実際には1000名程度、という資料もある。
むしろ、数字としてはこれくらいの方が自然だ。
どんなにヒドイ負け方をしても10分の1も死ぬかどうか、というのが当時は普通。)

さて、この戦の敗北により、武田軍の総大将・武田勝頼は
当時から現代にいたるまで、馬鹿の代名詞のように言われてしまった。

しかし実はなかなかに立派な武将だった。

むしろ彼が信玄の死後の武田家を継ぐに至った経緯が、彼を悲劇に導いた。

そもそも、武田勝頼は武田信玄の正当な後継者ではなかった。
少なくとも、武田家の有力な家臣達はそう見ていた。
そしてそれこそがこの悲劇の最大の元凶であった。

1572年10月、武田信玄は上洛作戦を開始。
三方ヶ原の戦いで徳川家康軍を撃破。
いよいよ、織田信長と決戦に及ぼうとしていたが、作戦途中の1573年4月に病没してしまう。

信玄は自らの死に際し、遺言を残した。
その内容は武田勝頼の子、武田信勝が16歳になるまでは、
勝頼が「後見人」として武田家をまとめよ、
というものであった。

なぜ、信玄は素直に子の勝頼を後継者にせず、
わざわざ孫の信勝を跡継ぎに指名したのか?
それには勝頼の出生に際しての複雑な事情が関係していた。

武田勝頼は武田信玄の4男として1546年に生まれた。
ただし、母親は信玄の正室ではない。
信玄は自らが謀殺した諏訪氏という豪族の当主、諏訪頼重の娘を側室にした。
その子が勝頼なのである。

だから信玄は当初、勝頼を武田の跡取り候補とは考えていなかった。
諏訪氏の名跡を継がせ、武田家に吸収してしまうのに利用しよう、と考えていた程度だった。
実際、勝頼自身、武田姓ではなく、「諏訪四郎勝頼」と名乗っていたそうである。
(ちなみに「伊那四郎勝頼」と名乗った事もあるそうだ。)

いずれにしても、勝頼は信玄の子ではありながら、
武田家を支えるべき家臣団の一員に過ぎなかった。
逆に言えば他の家臣達から見れば、勝頼は忠誠の対象ではなく、
自分達と同格か、多少格上の人物というに過ぎなかったのだ。

しかし、勝頼の3人の兄達が家督相続レースからリタイヤしてしまった。
長男は父・信玄に反発した挙句切腹させられてしまい、次男は生まれつき目が見えないため、
武将ではなく坊さんになってしまい、三男は10歳で早世してしまったのだ。

かくして、四男・勝頼が信玄の後継者となった。

だが、家臣達にとっては、一時的とはいえ、武田の姓を名乗らず、
「他家の人間」になってしまっていた勝頼を後継者にする事には抵抗があった。
中には、「武田家が諏訪家に乗っ取られる」というような事を思う者もいたかもしれない。

信玄もそのような家臣たちの「空気」を察していたのだろう。
だから、勝頼を直接の跡継ぎにせず、孫の信勝を後継者として立てさせたのだ。



勝頼の評価


結局、信玄に育てられた智勇兼備の名将ぞろいの武田家臣団は、
信玄には心服していたものの、勝頼に対してはそのような感情を持てなかった。

一方、勝頼の幼い頃から身の回りの世話をしてきた
「勝頼子飼いの家臣」達との溝は深まるばかりであった。

勝頼もそのような状況をなんとかしたかったのであろう。
武田家を継ぐと、活発に軍を動かし、織田家と徳川家の城を次々と攻撃した。

勝頼は1575年の長篠の戦いが行われるまでに、実に20以上の城を攻め落とし、
しかもその間はほとんど負け知らずであった。
その攻め落とした城のなかには、父・信玄が落とせなかった高天神城も含まれる。
このようにして勝頼は、父・信玄よりも自分の方が強い、と家臣団に行動で示そうとしたのだ。

一方、織田信長や徳川家康は武田軍が進出してくるたびに自領に閉じこもり、
武田軍との決戦を避けた。

実際、この二人は武田軍の強さを十分すぎる程に知り、恐れ、警戒していたし、
勝頼個人の武将としての才能も高く評価していた。

まず、織田信長は、徳川家康が勝頼に攻撃される度によこした援軍要請をことごとく断った。
特に家康は徳川家にとって最も重要な拠点の一つである高天神城のピンチに際しては
よほど強い口調で援軍を要請した。
徳川家の家臣の中には、今回も信長が援軍をよこさないようなら織田家との縁は切り、
武田家と結ぶべきだ、と主張する者もいたほどだ。

しかし、それでも信長は援軍を出さなかった。

高天神城を見殺しにしたあと、家康を訪問し、多量の金塊(砂金だったかな?)を送って、
詫びを入れたそうである。
当時、信長は武田家以外にも、越前・大阪の一向宗、
毛利氏など数多くの外敵を抱えていたとはいえ、
そうまでしても、彼は武田勝頼と戦いたくなかった。

一方の家康であるが、当時の徳川家の最大動員可能兵力は8000から1万。
同・3万以上の武田家と単独で戦う力は無かった。

まして家康にはトラウマがある。
武田信玄存命中の1572年、三方ヶ原にて信玄自ら率いる武田軍3万に対し、
1万1000の兵力で決戦を挑み、ものの見事に大敗した。

命からがら自分の城に逃げ帰ったが、その敗走の途中、
恐怖のあまり「馬上でウ○コをもらしてしまった」のはあまりにも有名な話である。

その家康を追撃して恐怖のどん底に陥れた武田軍の部隊の中には
武田勝頼の部隊もあった。
その指揮ぶりは見事で、勝頼の部隊は猛威を振るい、徳川軍をさんざんに痛めつけた。

きっと武田勝頼の名を聞くだけで、あの「イヤな思い出」が家康の頭をよぎっただろう。

先に挙げた長篠の戦いのための周到な、本当に周到すぎるほどの準備。
信長は、あれぐらいの完成度の高い戦術プランが出来上がらなければ、
とても武田勝頼と戦う気にはなれなかったのだ。

戦えば負けると思ったか、勝てたとしても犠牲が大きすぎる、
リスクが大き過ぎると考えていたのだろう。



なぜ勝頼は連合軍を攻撃したか


1575年、武田勝頼は三河・長篠城を包囲した。
これはおそらく上洛を目的としてのものではない。
この徳川領を分断できる位置に建つ城を手に入れる事が作戦の目的であった。
勝頼自身、織田・徳川との決戦はまだ先、と思っていたのではないか。
これはその準備のための出兵であろう。

しかし、ここで意外?な事が起こる。
あれほど、勝頼との戦を嫌がっていた織田信長が今回に限って腰を上げたのだ。
3万5000の大軍を率い、徳川軍8000と合流、設楽ヶ原に布陣したという。

今度こそ信長と決戦できるか?と勝頼は思ったに違いない。
そして勝頼も1万3000を率いて設楽ヶ原に布陣する。

するとこれも意外な事に、4万3000の連合軍の大軍は設楽ヶ原に野戦築城をしている。

圧倒的多数を擁する側が始めから守りに入っているのだ。
しかも信長の本陣はというと、その防御陣からはるか後方の山に陣取った。
(戦闘が始まる少し前にこの山を下り、防御陣地のすぐ後ろに陣取りなおしている)

これを、勝頼が見たらどう思うか?
たしかに頑丈そうな防御陣地ではある。
兵力も自軍の3倍。
普通なら勝ち目は薄い。

だが、「信長は今回も我等を恐れている」と思っただろう。
いや、勝頼だけではない、武田の家臣達もそう思ったのではないか。

この時代の戦において「怖がっている軍隊」ほど弱いものはない。
現代・近代の国家間の戦争に従軍した兵士達のように、
「負けたら国が滅びる。」などというように、自分が国を背負っている、というような事を
この戦国時代の兵士達は考えていない。

味方も相手も同じ日本人だし(もっとも、この当時の人々は「自分は日本人」という意識や、
「日本」という「国家」をイメージする事はほとんどなかったが)、
もし、今の殿様が滅んでも、別の殿様が支配するだけの事だ、という考えをしていたろう。
しかも信長軍の兵士の多くは金で雇われた傭兵である。
彼らにとっては自分の命が何よりも大事であり、主人である信長の命など二の次なのだ。

武田家の武将達は歴戦の強者ぞろいであったから、
当然、そのような兵士達の心情がいかに戦いの勝敗に大きく作用するか、
という事情には熟知していたはずだ。
軽く攻撃すればそれだけで敵軍は戦意を喪失し、
戦闘力を失うと見積もる者もいたかもしれない。

もともと、武田軍の側には、このように連合軍を「軽視」する部分があった。
だが、これが結果的に「軽視」であった、というのは、
我々が後時代人で、この戦の結果を知っているから言える事だ。

例えば日本一の戦上手として有名な上杉謙信がこの時の勝頼の立場ならどうしたか?

やはり、攻撃の断を下したのではないか?と思える。
このような状況では熟練した指揮官で、なおかつ自軍の精強さに自信がある者ほど、
そういう判断を下すのではないか、と思える。

実際、彼は後年、織田軍と対戦した際、
自軍の兵力は織田軍のそれより劣っていたにもかかわらず、
積極的に攻撃をしかけ、これを破っている。

だが、この時の織田軍というのは信長自身が指揮しておらず、
その家臣たちが意思統一もままならないまま戦闘に突入しているから、
長篠の戦いの時と異なり、正真正銘の「数が多いだけの弱軍」である。
謙信もそれを見抜いたからこそ、兵力で劣っていても勝機はある、と見たのだろう

武田軍の攻撃を決意したのは勝頼である、という事になっている。
他の武将、とくに信玄時代からの家臣達は皆これに反対したという。
だが、そうだろうか?

家臣たちの意思統一は不完全だったかもしれないが、
勝算あり、と見た家臣も少なくないのではないだろうか。
たしかにこの敗戦の責は総大将である勝頼が負うべきであるが、
この「判断ミス」は勝頼一人が愚かだから、とは思えない。

江戸時代。
徳川幕府の支配に嫌気を感じた人々や、そこまで深く考えていなくても、
なんとなくその空気に迎合した人々が、その幕府の始祖として、
「神君」などと呼ばれ、日光で神様扱いまでされている徳川家康を苦しめた武田信玄を
上杉謙信らとともに稀代の名将として称えた。

その「人気者」の武田信玄が築いた強国を滅亡に導いてしまった、
そういう結果を生み出した(と、彼らは考えた)勝頼に対し、
この時代の人々がつらくあたったのかもしれない。
そして「勝頼=凡愚の大将」というイメージが出来てしまったのではないか。

死者に口なし、である。

この戦いで武田軍は大敗した。
信玄時代からの多くの勇将達も戦死してしまった。
凡庸な大将ならば、これで動揺して、あっという間に滅ぼされてもおかしくない。
朝倉義景のように。

しかし、勝頼は違った。
優秀だが口うるさい先輩達がいなくなったのを逆用して、
今度こそ自分の主導で武田家を立て直そうとした。
もともと信玄時代から武田家は鉄砲を相当数揃えていたが、
より一層努力して集めろ、と命令を出している。

武田軍の伝統的な軍事思想も変えようとした。
信玄は「人は石垣、人は城」と言って強固な城を作ろうとはしなかった。
当然、その遺志を継いだ(つもりでいる)古い家臣達も
それを金科玉条のようにたてまつり、守ろうとしただろう。

しかし、勝頼はこれからは織田軍の攻勢が強まるであろうことを予測し、
新府城と言う堅固な城を築城にかかった。
それにあわせ、本拠地もそれまでの「躑躅ヶ崎の館」からこの城に移そうとした。

いわば信玄時代の軍事思想は「攻撃は最大の防御」的なものと言えるかもしれない。
強力な軍団を擁し、外敵の隙を見つけては(あるいは能動的にそれを作り出し)、
すかさずそこを突き、領土を奪う。侵略すること火の如し、だ。
相手はそんな信玄の武田軍に対し、一分の隙も作れない、
しっかり自らの防御を固めなければ、という意識になったのではないか。

とても武田を攻めるどころではない。
それを気にもしなかったのは上杉謙信くらいのものだろう。

それに対し勝頼は、長篠の戦いまではこの「信玄式」を踏襲した。
それが彼の本心だったかは分からないが。

だが、長篠の戦いの後は「拠点防衛主義」とでもいうものに方針を転換した。
重要拠点さえしっかり確保しておけば、領国の支配は維持できる、と言う発想だと思う。
無論、だからといって攻撃を放棄するわけではない。

軍事上の常識として、守りに入るには攻撃者よりも多い兵力が必要だ、というのがある。
攻撃側には守備側の領地の「どこを攻めるかの選択権」がある。
が、防御側にはその自由がない。
どころか、攻撃側がどこに現れるか分からない以上、予想される「無数の出現ポイント」の
「すべて」に対応できるように、兵力を広く配置する必要がある。
広大な国境線沿いのすべてに防衛力を付与させるには、当然、膨大な兵力が必要だ。

だが、戦力を特定の拠点に重点的に配置するだけならば、はるかに少ない兵力で済む。
そうして国力を温存し、いざ必要な時、攻撃に出るときに大動員をかける事が出来る。

武田家にとって、長篠の敗戦で戦力が低下した為に、
信玄時代以上に兵力を有効活用する必要が出てきた事、と、
今までと攻守が入れ替わり、織田・徳川の方から攻めてくる確率が高い事。

勝頼は、これらを分析し、計算した上で、方針を大転換したのだ。
家臣から神様のように崇められた先代・信玄の方針を変える、
ある意味これは外敵と戦をするよりもエネルギーのいる事だったのではないか。

軍人としてだけでなく、政治家・指導者としても力をもった人物だったのだ。
それまでの先の鉄砲の大量取得と、この新府上を中心にした堅固な城塞群を完成させ、
あとは外交に力を尽くせば、まだまだ織田軍と戦えるはずであった。
まあ、外交云々に関してはタラ・レバだけどね。

しかし、勝頼にはあまりにも時間が無かった。
それとも織田信長の勢いが勝ったという言うべきか。

1582年、織田軍が武田領に本格的に侵攻。
このとき新府城はまだ完成していなかった。

勝頼はこの未完成の城を放棄せざるを得なかった。
この事態に信玄時代の「忠義心の厚い家臣達」が次々と裏切り、離れていく。
やがて勝頼は追い詰められ、天目山にて自害。
武田家は滅亡した。

やはり、武田勝頼を「イノシシ武者」のように言うのはあんまりだと思う。
勝頼は先見の明と柔軟な思考力をもち、一軍の将に必要不可欠な決断力と、
それを遂行する鉄の意志力を併せ持った才能豊かな武将であった。
だが、人望だけが不足していた。

が、それは勝頼のせいではない。
多分に、ちゃんとした後継者に指名しなかった信玄のせいだろう。

まさに悲劇の武将なのである。

と、勝頼を褒め称える事に終始してしまったが、
忘れてはならないのは、勝頼にとって不利な条件が多かったとはいえ、
「かなり優秀」な勝頼が後時代人に「どうしようもない愚か者」と誤認されてしまうくらいに
完璧に撃破してのけたのが、織田信長である、という事だ。

やはり、この男こそ戦国時代の主役にふさわしいのだろう。



蛇足:武田軍の兵力について

ふいー、疲れた。

最後に蛇足、ってか前から疑問だったこと。
まあ、つまらない事なんだけどね。

それはこの合戦における武田軍の1万5000という兵力について、である。
とにかく少なすぎるのである。

当然の話だが、どれだけ兵隊を集められるかは、その大名の国力によって決まる。
当時はそれを米の収穫高で表した。

「加賀百万石」というのは、加賀・前田家の領土の米の収穫高がそれだけある、
という事を示すと同時に、前田家の軍事力をも表している。

一般説では、石高1万石あたり250人〜300人の兵隊を動員できたという。
つまり前田家の場合、最低でも2万5000人くらいは動員できたという事になる。

まあ、これは、あくまで目安だ。
それに武田勝頼の時代は、まだ自分の領地を「石高」と言う単位では測定していないだろう。

だから、そういう意味で正確ではないという前提で話を進める。

勝頼は家督相続後、連戦連勝。
猛烈な勢いで領土を拡大した。
その結果、当時の武田家の石高は後の太閤検地以降の資料から推定すると
少なくとも140万石はあったらしい。

すると、武田家の動員可能兵力は3万5000人。頑張れば4万人も可能だったかもしれない。

じゃあ、なんで長篠の戦いではたったの1万5000なの?って事だ。

それに対する織田軍は3万5000。徳川軍は8000。
これは別におかしくない。

当時の徳川家の石高は推定30万石程度。
とすると、この合戦の兵力8000というのはまったく自然だ。

この合戦に3万5000を動員した織田家は当時400万石くらいだったらしい。
最大動員数はなんと10万人にもなるが、
武田家以外にも四方八方に敵を抱える信長にしてみれば、
この方面に出せる兵力はこれくらいなのかもしれない。

合計4万3000の連合軍に対し、武田軍1万5000。
この3倍近い兵力差が敗因の一つである事は疑いない。
だが、もし武田軍が3万だったら?
それでも兵力では劣る。
しかし、あれだけの武田軍の強さ、善戦を考えると、
勝敗がひっくり返っていたとしても、おかしくないと思う。
あるいはこの場合も信長は決戦を避けたかもしれない。

そもそも武田軍のこの合戦の目的、いや、この出兵目的はなんだったか?
それは徳川家の要衝、長篠城を奪う事だった。
織田・徳川の主力部隊とは戦う事があるかも知れぬ、とは予想しただろうが、
織田・徳川を滅ぼし、京都へ進軍する、とまでは考えてはいなかったようだ。

とすれば、武田家には、その総力を挙げて出兵する必要性はなかったのかもしれない。
だから、総動員数の半分以下の兵力しか出さなかったのだ、
といえば多少は納得できそうな気もする。

しかし、だ。
それならば合戦に参加する幹部の顔ぶれも半分になるはずではないか?
お前とお前だけ来い、あとは本国に残れ、ってな感じで。
ところが、この合戦に参加したのは
山県昌景、馬場信房、内藤昌豊、小山田信茂らの信玄以来の大幹部に
信玄の弟の武田信廉、穴山信君らの「ご親類衆」など、
ほとんど武田家のオールスター軍団であった。

参加していない大物は上杉謙信への押さえ役、高坂昌信くらいのものだ。

この顔ぶれからすると兵力3万、少なくとも2万5000はいてもおかしくない。

織田家と違い、武田家など多くの大名の兵士は、普段は農民をやっている。
だから田植えや稲刈りの時期(一般的には4月〜9月)には農民達が戦に参加したがらず、
結果的に兵があまり集まらなかったり、大名達も戦争そのものを避ける傾向がある。
(織田家は「兵農分離」を進めていて、その軍団の兵は農民ではなく傭兵だった。
もっとも、完全な兵農分離には至っていなかったが。)

この戦が起こったのは5月だが、
父・信玄が上洛しようと1572年に3万の兵力で出兵したのは稲刈り後の10月だった。
そういえば、かの有名な川中島の戦いも9月だった。

農繁期の出兵。このあたりが兵数が少なかった事情だろうか?
でも、そうだとすると、織田軍はともかく徳川軍はもう少し少なくなりそうなものだが。
うーん、なんでだろう。

で、それとはまたちょっと別なんだが。
最近、この戦の両軍の兵力について驚くべき説が出てきている。

なんと、連合軍の兵力はたったの1万5000。
武田軍にいたっては6000人しかいなかったというのだ。
もっと少なくなっちゃった。

なんで?

ここまで少ないと、農業うんぬんの話ではなく、
「1万石=兵250人」という前提が間違っていた、というケースしかありえないような?

しかし、そうすると、「秀吉の小田原征伐の兵力22万」は実は8万人程度になっちゃう。
「関ヶ原合戦の東西両軍で16万」というのも実は6万人くらい、となっちゃうぞ?
他のすべての合戦の兵力に関する資料を変える必要がでてくるぞ。

うーん、もうオレにはわからん。
誰か知ってる人、教えて下さい!

だが、どちらにせよ、連合軍の兵力は武田軍の3倍に近い数だった、
という事になっているから、どうやらそれは間違いなさそうだね。

ちょっと長い蛇足でした。