アイホットR セプト



赤色光(740nm)による血行促進
  皮膚温を支配しているのは血管である(日本サーモロジ学会)。以下のグラフは参考例ですが、
 アイホッRの1分間使用後の瞼の皮膚温は徐々に上昇しています。これは、瞼及び目の周りの
  血流量が増加していることを示し、血流チェッカーで確認ができます。また、目の周りの血流量も
増加することから、美容効果も十分に考えられます。(PAT.P.)

  瞼の血流増による結膜充血占有率の変化

 次のグラフと写真画像の参考例は、瞼の皮膚温の上昇に伴う血流増により、結膜充血の占有率が
減少し、ドライアイなどの疲れ目の回復力が促進されたことを示しています。(なお、充血占有率は
 アイメーターで測定、写真画像は充血の赤色を識別できる緑色のフィルムをフィルターとして使用)


 



   結膜充血の充血量変化


  (使用前)                  (5分後)                 (10分後)   
 

  参考例の、「瞼皮膚温の上昇」と「結膜充血占有率の変化」のグラフは、アイホットRの使用前を
   100%とした充血占有率が、使用後に低下しています。これは、血流増により血行が促進され、
  充血量が減少したことを示しています。


  同じく参考例の、写真画像の「充血量変化」は、充血占有率を測定しなくても、緑のフィルムを
   使うことで、ディスプレイ画面上の写真画像の充血量変化を、目視で比較することが可能です。


血流チェッカー             
  アイホットRのヒーターパッドに取り付けた血流チェッカーで、アイホットR1分間の使用直後と
  3分後の瞼の皮膚温の変化を見ることで、血流量の増加傾向を簡便に知ることができます。





皮膚内部に浸透する赤色光
    現在、血流計などに近赤外線が使われていますが、次の表から0.75μ(750nm)付近の赤色光
    が最も皮膚の深部まで到達し、皮下血管網に吸収されることを示しています。


 皮膚組織と赤外線放射吸収比率

                可視線          赤外線
mm μm 0.40 0.55 0.75 1.0 1.4
表皮 45% 20% 30% 30% 72%
0.5 真皮 55% 75% 40% 48% 20%
2.0 皮下組織 5% 25% 22% 8%
2.5 深部組織 5%

吉井嘉寿憲・他 赤外放射の生体への赤外放射利用暖房器 「照明学会誌」74(12):26〜29,1990




主な仕様 (型式 EH-740C)
      
    ・電源 AC100V 50/60Hz  ・消費電力 約0.5W   ・ACアダプター出力 5V2.0A又は 1.0A
    ・寸法  ヒーターパッド付メガネ 160x60x50mm  収納ケース 205x150x50mm
    ・重量  ヒーターパッド付メガネ 約60g(コードを除く)
   ・材質他  メガネ:ポリカーボネート ヒーターパッド:ポリエチフォーム 収納ケース:ブリキ
    ・光熱源 740nm(0.74μm)赤色LED 左右各1個
・血流チェッカー:サーモテープ
    ・付属品 ラップフィルム 食品包装用ラップフィルム(15cm×20m) 1箱


眼科医院以外の方のお問い合わせ アイホットRは眼科医院向けの商品ですので、眼科医院
以外の方は眼科医院までご相談頂きますようお願いいたします。 

 販売価格        アイホットR(EH-740C)         21,600円(送料・税込み)

ご注文方法 お名前、郵便番号、ご住所、電話番号をメールlまたは電話・FAXにてお願い
いたします。

お支払方法
 郵便振替でお願いいたします。商品に郵便振替用紙を添付しますので、商品
受領後10日以内にお支払いください。

ご返品方法 ご返品の場合は、商品到着より10日以内に返送してください。この場合の
返送料はご負担下さい。

お問い合わせ・ご注文は 
                 発売元:株式会社セプト
                 〒154−0002 東京都世田谷区下馬5−6−1
                 TEL 03−3412−7055
                 FAX 03−3412−7033
                 メール  cept@hn.catv.ne.jp