高橋住建ロゴ雨漏り、雨音、夏暑い等でお悩みの方、お任せ下さい! 昭和44年創業の経験と実績であらゆる形状・どんな屋根材でも対応できます。 木造住宅の屋根の事なら何でもお任せ下さい。



あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

木造住宅建築用語集
あ行
用語 読み方 説明
アバレ現象 (あばれげんしょう) 風雨に晒され年月が経った屋根材が、ねじれる現象。
雨樋 (あまどい) 雨水を軒先で受けて地上に流すために取り付ける細長い樋。
雨押え (あまおさえ) 壁と庇(ひさし)、屋根と煙突との間などに取り付けて、雨の浸入を防ぐ板。
石綿スレート (いしわたすれーと) 石綿をセメントで固めた薄板。石綿スレート。屋根・天井・内外装材に用いる。
裏板 (うらいた) 屋根裏に張りつけた板。
裏打材 (うらうちざい) 金属屋根材の裏に張られた素材(ポリエチレンホーム)。断熱・遮音のために用いる。
上框 (うわがまち) 戸・障子などの周囲の枠のうち、上部の横木。
FRP (エフアールピー) Fiber Reinforced Plasticsの略。繊維で補強することによって強化されたプラスチック。「軽量、高強度、熱に強い、腐食・経年劣化しにくい」と建築材料として申し分ない高い性能をもつ素材です。カルカ・ルーフをはじめ、建築材料として使われるようになりましたが、他の材料と比べ高級な材料です。
鬼瓦 (おにがわら) 大棟(おおむね)や降(くだ)り棟の端に飾る瓦。獣面のほか蓮華文(れんげもん)などがあり、鬼面がなくてもいう。
説明図
戻る
か行
用語 読み方 説明
ガルバリウム鋼板 (がるばりうむこうはん) 米国のベスレヘムスチール社で開発されたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板です。
瓦棒 (かわらぼう) 金属板葺き屋根で、傾斜の方向に一定間隔に並べて取り付ける棒状の材。この上も金属板で覆うので、雨漏れに強い。
切妻 (きりづま) 切妻屋根の両端の、山形部分。切棟。
切妻屋根 (きりづまやね) 大棟から両側に葺(ふ)きおろす形式の屋根。
霧除け (きりよけ) 雨や霧が家の中へ入るのを防ぐため、出入り口や窓の上などに設けた小さな庇(ひさし)。
降りコーナー (くだりこーなー) 寄棟屋根の四隅に取り付ける瓦。降り棟の終端。
説明図
螻蛄羽・ケラバ (けらば) 切妻屋根の端の部分。桁端(けたばし)。
現場成型 (げんばせいけい) 現場で使用する箇所に併せて材料を加工する事。
コーキング (こーきんぐ) 窓枠の周囲、部材の接ぎ目などの小さいすき間にパテ状の充填(じゆうてん)材を詰めること。
コンパネ下地 (こんぱねしたじ) 屋根下地に用いる合板。
戻る
さ行
用語 読み方 説明
桟木 (さんぎ) 瓦(かわら)葺きなどの屋根下地
上合 (じょうごう) 雨樋の「軒とい」と「たてとい」を結合する部分。
芯木なし瓦棒 しんぎなしかわらぼう 瓦棒葺やねで、瓦棒の芯となる木材を使わない工法。
捨谷工事 (すてだにこうじ) 瓦と瓦の接合部分から進入した雨水を水切りするために行う板金工事。
セキスイ認定屋根診断士 (せきすいにんていやねしんだんし) 積水化学工業鰍謔阡F定された屋根診断の専門家。
施工 (せこう、しこう) 工事を実施すること。
セメント瓦 (せめんとがわら) セメント・砂などを原料として作った瓦。
袖瓦 (そでがわら) 切妻屋根などの端に用いる瓦。螻蛄羽(けらば)瓦。
説明図
袖隅瓦 (そですみがわら) 袖(けらば)の終端に用いる瓦。
説明図
戻る
た行
用語 読み方 説明
畳み折り (たたみおり) ハゼの種類のひとつ。たたみはぜとも言う。
たてとい (たてとい) 縦に使う筒状の雨どい。
垂木 (たるき) 屋根を支えるため、棟から軒先に渡す長い木材。
断熱材 (だんねつざい) 熱の遮断および保温のために用いる、熱を伝えにくい材料。石綿・ガラス繊維・コルクなど。
ちぢみ塗装 (ちぢみとそう) 金属屋根に用いられる塗装の一種。
吊子 (つりこ) 瓦を屋根下地に固定する為の金具。
定尺板 (ていじゃくいた) 一般サイズにカットされた鋼板のこと。小板定尺365×1212ミリ(1尺2寸×4尺)と幅広小板定尺455×1212ミリ(1尺5寸×4尺)が一般的。
定尺一文字葺 (ていじゃくいちもんじふき) 定尺板を屋根に使用するサイズにカットし、ハゼを掛け合わせて葺く鋼板の代表的な葺き方。住宅のほかにも、神社や仏閣で多く用いられます。
定尺板横葺 (ていじゃくいたよこぶき) 一文字葺と同じく鋼板の葺き方の一種。住宅や洋風建築で用いられます。
胴縁 (どうぶち) 壁・塀・垣などで板を打ち止める下地として、柱と柱に渡す幅の狭い横木。
戻る
な行
用語 読み方 説明
日本瓦 (にほんがわら) 粘土で作った焼き瓦。素焼きのものと、表面に釉薬(うわぐすり)をかけて焼いたものとがある。セメント瓦や金属瓦に対していう。
ヌキ板 (ぬきいた) 瓦の下に用いる小幅の小さい板。貫板(ぬきいた)。
軒先 (のきさき) 軒の突き出た先の部分。軒先に取り付ける瓦は軒瓦。
説明図
軒とい (のきとい) 軒先にとりつける半筒状の雨どい。
のし棟 (Uのしむね仕様) 熨斗棟(のしむね)とは棟に平たい棟瓦を重ね、その上に丸棟瓦を乗せた日本瓦の棟。
野地板 (のぢいた) 垂木(たるき)の上に野地として張る板。野地。
戻る
は行
用語 読み方 説明
ハゼ (はぜおり) 板金工事により、トタンやステンレスの板の端を折り曲げ噛み合わせる部分。
ハゼ掛け (はぜがけ) ハゼとハゼを掛け合わせること。
破風 (はふ) 切妻(きりづま)造りや入母屋(いりもや)造りの妻側にある三角形の部分。また、その斜め部分に打ち付けた板。形や位置によって、入母屋破風・唐破風・千鳥破風・切妻破風などがある。
パラペット (ぱらぺっと) 建物の屋上、テラスのへり、橋梁の両側などに設け、人の落下を防ぐ手すり・勾欄(こうらん)。
板金 (ばんきん) 金属板や帯板を、常温のまま曲げたりしぼったりして加工すること。
バンク工法 (ばんくこうほう) 勾配の少ない屋根で防水加工をすること。
葺き替え (ふきかえ) 屋根の瓦・板などを新しいものと替えること。
プラスターボード (ぷらすたーぼーど) P・B。別名「石膏ボード」。壁や天井の下地材。防火性・遮音性・断熱性があり、施工性に優れる。ビニールクロスやペイントで仕上げをする。
平瓦 (ひらがわら) 本瓦葺(ほんかわらぶ)きで用いる、断面がゆるい弧状をなす長方形の瓦。平行して縦に並べ、境目に丸瓦をかぶせて葺く。女瓦(めがわら)。
平板スレート (へいばんすれーと) 粘板岩の薄板。屋根葺(ふ)き材などにする。天然スレート。
平米 (へいべい) u(平方メートル)のこと。1坪の大きさは、およそ畳2枚分。1.818m(1間)×1.818m(1間)=3.305124となり、大体3.3uが1坪となります。
方形屋根 (ほうぎょうやね) 水平の棟(大棟)がなく、屋根の頂点から四方に降り棟が降りた正方形の屋根。四方の棟を頂点で四つ又によって繋ぐ。
説明図
防水紙 (ぼうすいし) 防水性をもたせた紙。下地材の上に敷く。
本谷工事 (ほんたにこうじ) 屋根と屋根の谷の部分の板金工事。
戻る
ま行
用語 読み方 説明
曲り棟 (まがりむね) その名の通り一直線ではなく、途中で折れ曲がった棟。
説明図
水切 (みずきり) 建築で、窓台など突出する部分の下方につけておく溝。雨水が壁に伝わってくるのを防ぐ。
三つ又 (三つ又) 大棟と二つの隅棟との接合部。
説明図
(むね) 屋根の最も高い所。二つの屋根面が接合する部分。位置と構造により、大棟・降棟(くだりむね)・隅棟などとよぶ。
棟瓦 (むながわら) 屋根の棟をふくのに用いる瓦。熨斗(のし)瓦・丸棟・角棟など。むねがわら。
説明図
棟面戸 (むねめんど) 軒先から瓦を葺き、最後に棟瓦と接する部分のすきま。
説明図
面戸 (めんど) 波形状の瓦を葺き、終端で壁などの間にできるすきま。面戸瓦。
説明図
戻る
や行
用語 読み方 説明
Uのし棟仕様 (ゆーのしむねしよう) セキスイかわらUのし棟仕様は、日本瓦の熨斗棟のように純和風の美しい外観をつくりだします。
雪止め (ゆきどめ) 屋根に積もった雪が滑り落ちるのを防ぐため、軒に丸太・板・金具などを取り付けたもの。
寄棟 (よせむね) 大棟(おおむね)の両端から四方に隅棟(すみむね)が降りる形式の屋根。屋根面は台形と三角形が二つずつからなる。四注造り。
寄棟鬼 (よせむねおに) 寄棟の棟の端に飾る鬼瓦。
説明図
戻る
ら行
用語 読み方 説明
ルーフィング (るーふぃんぐ) フェルトにアスファルトをしみこませた防水材料。屋根葺(ふ)き下地などに用いる。アスファルトルーフィング。
戻る
わ行
用語 読み方 説明
     

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行