高橋住建ロゴ雨漏り、雨音、夏暑い等でお悩みの方、お任せ下さい! 昭和44年創業の経験と実績であらゆる形状・どんな屋根材でも対応できます。 木造住宅の屋根の事なら何でもお任せ下さい。



スレート瓦の危険信号(前編)
ご自宅の屋根と写真が似たような状態なら、早急に対処が必要です。


 ◆屋根診断写真1
  色あせ、塗装の剥がれ

 このお宅は以前、塗装工事をしたそうです。しかし、ご覧の通り数年で塗装が剥がれおち、見栄えも悪くなってしまっています。一部割れている箇所もあり状態はよろしくありません。

 ◆屋根診断写真2
  軒先と隣家のカビ・コケ

 通常、塗装工事の際にコケ・カビ・汚れを除去する清掃を行ってから塗装します。しかし、瓦をはがして行う清掃ではないため、瓦の重ねあわせ部分のカビ・コケが残っている状態で塗装されます。

 塗装後は瓦の隙間に塗料が入り込んで雨水の浸入を防いでくれる場合があります。しかし数年で塗料が剥がれてくると残っていたコケ・カビの根に雨水が染み込み、瓦の間を雨水が伝って下地まで濡らしていきます。

それを何度も繰り返すうちに下地が腐り、天井裏に雨漏りを発生させるわけです。

 ◆工事写真1
  古い屋根材を剥がした様子

 屋根の重ね部分から下地へ雨水が浸入している様子がわかります。

 またスレート屋根は施工時に直接釘を打ち込むため、そこから雨水が浸透することもしばしばあります。


    後編へ続く