高橋住建ロゴ雨漏り、雨音、夏暑い等でお悩みの方、お任せ下さい! 昭和44年創業の経験と実績であらゆる形状・どんな屋根材でも対応できます。 木造住宅の屋根の事なら何でもお任せ下さい。



セメント瓦の危険信号(後編)
診断から施工完了まで(葺き替え工事)

 ◆屋根診断結果
  今回は毛細管現象による雨漏りによって下地木材の腐食が激しい(施工前写真参照) 為、
  下地からすべて直し、軽くて地震に強い金属屋根に葺き替えることになりました。

 ◆施工写真1,2
  まず古いセメント瓦をすべて撤去し(↓左)、腐食の進んだ下地も新しくします(↓右)。
 ◆工事写真3,4
  新しい下地の上に防水紙を敷き(↓左)、板金のケラバを取り付けます(↓右)。
 ◆工事写真5,6
  軒先からダンネツトップ8−1を葺き始め(↓左)
  雪止め金具を取り付けて棟のほうへ葺き上げます(↓右)。
 ◆工事完了写真
  板金棟を取り付け、工事完了です。換気棟を付けたので、
  夏の日差しで屋根裏に熱がこもらず快適です。

前編へ戻る