高橋住建ロゴ雨漏り、雨音、夏暑い等でお悩みの方、お任せ下さい! 昭和44年創業の経験と実績であらゆる形状・どんな屋根材でも対応できます。 木造住宅の屋根の事なら何でもお任せ下さい。



「お役に立てば」は年4回 四季に合せてお得意様に郵送しているコラムです。
今回は、号外です。
最近お得意様から多くなった問合せを元に作成しました。




今年4月以降、お得意様から屋根点検を数多く依頼されるようになりました。
お客様の話をお聞きすると、下記のような事をリフォームの訪問業者に言われたとのこと。

(例1)
隣のうちを工事している屋根業者から「お宅の屋根瓦が2,3枚外れている」
と言われたので調べてほしい。

(例2)
「屋根が壊れている」と業者に言われ、不安なので本当に壊れてるか調べてほしい。

(例3)向かいのうちの屋根工事をした業者から
「お宅のアンテナの辺りが具合が悪い。放っておくと大変ですよ」
と言われ、不安なので点検してほしい。

これらのお電話のあったお宅は、当社が責任を持って屋根工事を行ったお宅ですから、
問題があっては大変です。そこでお電話のあったお宅に、一軒ずつ点検に伺いました。



 伺ったお宅の屋根にハシゴをかけ、実際に登って点検してみてみましたが、
特に"瓦のズレ"や"破損"等の問題は見受けられませんでした。

「支障はありませんのでご心配ないですよ」と言うとお客様も一安心されます。
当社も以前工事を行った屋根に問題がなければ一安心ですが、 同時にこのような訪問業者が増えていることに驚かされます。

当社も屋根工事を主として行う会社ですから、仕事がなければ困りますが、 壊れてもいないお宅のご主人様に対し、不安を煽って仕事を取るなんて行為は論外です。

酷い例になると、“日本瓦屋根のお宅に「屋根のボルトが外れてるから修理が必要」”
などと言って営業してる業者もあるようですが、このような業者が来たら要注意です。
一般的な日本瓦屋根にボルトやナットといった物は使用しませんので、 ボルトが外れてるという事はあり得ないのです。

 また、当社で扱っているセキスイかわらに関しては、 セキスイが特許を取得した「2重吊子固定方式」という方法で 1枚の瓦に対し吊子で4ヶ所固定しますので、地震や強風(風速60m)にも耐えます。
ですから、セキスイかわらのお宅に「瓦がずれている」「瓦が外れている」という ような事は故意に行わない限りまずありえません。


このような業者が増えているようですから、お客様には注意してほしいのですが、 訪問業者が今挙げたような会社ばかりではなく、実際に修理が必要なのを良心的に 指摘して下さっている場合も当然あります。

1度話しただけで判断するのは難しいでしょう。
心配であれば信頼できる会社や、地元で長年やっている専門会社へ一度ご連絡ください。
当社では無料点検を行い、もし修理が必要な場合は、修理が必要な部分の状況と 対処法・修理の方法をお伝えして見積書をお出しします。



コラム一覧