高橋住建ロゴ雨漏り、雨音、夏暑い等でお悩みの方、お任せ下さい! 昭和44年創業の経験と実績であらゆる形状・どんな屋根材でも対応できます。 木造住宅の屋根の事なら何でもお任せ下さい。



「お役に立てば」は年4回 四季に合せてお得意様に郵送しているコラムです。
ホームページ版「お役に立てば」第一回目は、
台風・強風に関するお客様からの電話を元に作成しました。


春になると天気が変わりやすくなり、強風が
吹くことが多くなります。また、梅雨を経て
台風シーズンがやってまいります。皆様の家
の屋根は大丈夫でしょうか?

2003年3月某日、弊社に一本の電話が掛
かってきました。聞けば「昨日の強風で屋根
の一部が飛ばされてしまった」との事。早速
診断に伺い屋根の状況を調べてまいりました。

はしごを掛けて屋根に登ってみると右の写真
のような状態になっていました。

強風により棟瓦が1枚どこかへ
飛ばされ、2枚目も外れかけている

外れかけた棟を仮留めした状態
原因を確認するため、屋根診断を行いましたが診断するまでもなく、
原因は板金棟の施工ミスでした。
弊社では扱っていない屋根材ですが板金棟の施工にはそれほど差は
ありません。下記の比較例をご覧下さい。
電話のあったお宅が左の写真。 弊社の過去の施工例が右の写真です。

棟の合せ部分がハゼ掛けされておらず、
コーキング加工されている。




棟の合わせ目の上からコーキングを塗った状態。

弊社で取り扱ってる8−1。
逆光に映えます。

左の写真と同じ金属の板金棟。

カラーバリエーションに合せて棟を施工します。

棟下地2本に板金棟をかぶせます。
棟同士はハゼ掛けします。

コーキングは合わせ目からの雨漏り防止と
美観を考慮して内側に施工。
修理結果は次回の更新で報告します。
03/03/29追記:修理結果は「こちら」。

■■台風・強風によって屋根が壊れた場合■■
台風・強風などにより屋根が飛ばされたり、屋根が飛ばされた後に雨が吹き込み
家財に損害が発生すると、損害の額が20万円以上となった場合のみ、
保険金が支払われます。
保険に関する詳細はご加入の保険会社にお問合せください。
(注)保険金のお支払いは損害額が20万円以上となった場合に限られます。

台風・強風による屋根の修理費用のお見積りなど点検・診断は無料です。
お申込はこちらから出来ます。

コラム一覧