CARLO ANTONIO TESTORE( カルロ・アントニオ・テストーレ


弦楽器の製作に関しては、古くからイタリアにおいて優れた楽器が多数生み出されてきた。イタリアのチェロ製作者では、
アントニオ・ストラディバリとドメニコ・モンタニャーナが双璧である。テストーレ・ファミリーの楽器はソロ、室内楽など
に使用されるチェロの銘器として知られている。
H
.
Seb Wakeの鑑定書によると、この楽器にはこれらのカルロ・アントニオ・テストーレの特徴がよく出ていると記載されている。
特にカルロ・アントニオ・テストーレのチェロは力強い音が出ることが魅力で、多くのソリストに使用されている。

イタリアのミラノには古くからの弦楽器製作者として、テストーレ家とグランチーノ家があり、ジョバンニ・グランチーノ(Giovanni Grancino , 1673-1726)の弟子のカルロ・ジュゼッペ・テストーレから息子のカルロ・アントニオ・テストーレ(Carlo Antonio Testore, 1693-1765) とパオロ・アントニオ・テストーレ(Paolo Antonio Testore, 1700-1767)が父の製作法を継承した。テストーレ家のスタイルはグランチーノ家と同様、1500年代後半から1600年代のクレモナ派のアマティやブレシア派のマッジーニやサロの影響も大きく受け、ミラノ派の始祖ジョバンニ・グランチーノの影響が色濃く残っている。木目のないシンプルな材料選択、裏板パフリングの省略(ナイフで印をつけてイミテーション)、塗り重ねる必要のない薄い色のニス、ペグボックス裏側の装飾の省略などの技法を駆使した。こらの特徴は、のちにテストーレ・ファミリーの作品の代名詞となった。カルロ・アントニオ・テストーレの楽器は、パフリングを省略している楽器がほとんどで、ペグボックスの裏側が平らであることが多い。

大人のためのHow to チェロに戻る


【Carlo Antonio Testore チェロ 1746年頃ミラノ製作
鑑定書:「H. Seb Wake, U.S.A., 1996年」


[イメージ] [イメージ]