生物分類映像リスト 生物の種類からさがす

軟体動物門

普通、貝類と呼んでいる。節足動物についで大きなグループ。


腹足綱

 海中、淡水中、陸上にすみ、殻は普通螺旋(らせん)状に巻いている巻き貝類。
一対の触角と目があり、また、筋肉質の足が大きくて広く、はうのに適している。
古生代カンブリア紀初期から出現し、現生種は世界に8万5000種、日本に約4500種を産する。

エラで呼吸する
心臓より前にエラ

前鰓類
ほとんどが海産*1

触角が一対しかない

サザエ

エラで呼吸する
心臓より後にエラ

後鰓類
すべて海産

アオウミウシ

ムカデミノウミウシ

コノハミドリガイ

肺で呼吸する

有肺類
ほとんどが陸産
二対の触角をもち、眼が触角の先にある(柄眼目)

ヒダリマキマイマイ

キセルガイ

ナメクジ

カタツムリの孵化

眼が触角の根元にある(基眼目)

サカマキガイ


*1前鰓類に属する陸貝は「ふた」を持つ仲間。残念ながら、まだ見たことがない。





二枚貝(斧足)綱

 海中、淡水中に産し、体を二枚の殻で左右から囲む。
頭部がなく触角もない。
足はくさび形でえらは二対あり、進んだ仲間では外套膜の後方は2本の出入水管になる。
多くは砂や泥の中にもぐっている。
古生代オルドビス紀初期に出現し、現生種は世界に2万5000種、日本に約1500種を産する。




頭足綱

 海産。イカ・タコ類で、体は胴部、頭部、足部が一直線に並んでいる。
この点が、体の背側に内臓塊を背負い、腹側に足のある軟体動物門一般の体制と大きく異なっている。
大きな頭とたくさんの足を持ち、泳ぐことができる。
殻は一般に退化的であるが、原始的なオウムガイでは巻いた外殻がある。
古生代カンブリア紀に出現し、現生種は世界に約650種、日本には約150〜200種を産する。



home