謎の大型潜水艦模型

旧日本海軍 特型潜水艦 (2)



画像提供:けんたさん
 今度は艦橋部分の俯瞰です。方位測定儀のループアンテナ、ラッパ型の電探、精緻な八木アンテナなど、確かな資料に基づいて製作された事がはっきりと判る素晴らしいモデルですね。ただ残念な事に甲板から搭載機格納筒の側面を這い上がって伸びている給排気筒の先に付く逆U字型の先端部や第2潜望鏡、短波無線檣等が紛失している様ですね。まあこのあたりは艦船モデラーであるけんたさんの御得意の領分でしょうから、復元計画も抜かりなし、といったところでしょう。
 

画像提供:けんたさん
 若干暗めの画像の明度を上げたので粒子が荒れてしまいましたが、その迫力は充分に伝わるかと思います。手前に写っているのは砲艦サンパブロ…ではなくて、多分けんたさんが昨年末に作られた「長鯨」のフルハルモデルかと思われます。
 手前味噌になりますが、プラモデルの王国とは姉妹サイトであるウェブサイトギャラリーのメカニック・レテのコーナーに、このショットと丁度同じアングルで描かれた伊400のイラストがあるので、宜しかったら参考までに見比べてみて下さい。
 

画像提供:けんたさん
 さてここでようやく決定的なショットです。冒頭から意識的に避けてきたこのモデル最大の秘密は実は船体後半部分が無い事でした。

 けんたさんからの画像送付は2回に分けて行われましたが、王国のトップページに掲載したショット等、今回前半部分で掲載した第1回送付分の写真で舞い上がってしまった王国広報担当は、てっきり全体モデルであると勘違いして「3メートル…」発言をしてしまいました。何の事は無い、注意深く見ればバックの天井のコーナーなどから、壁に穴でも開けていない限り船体後半は断ち切られているのが容易に想像がついたはずでした。そんな訳でこの1/40特型潜水艦の”モデル”は、3メートルには及ばずにほぼその半分の長さとなっています。

 初めはこの最後の画像だけ伏せておき、「このモデルの秘密は?!」とやりたかったのですが、興奮の乗りそのままに一気に最後まで突っ走ってしまいました。でも皆さんもその方が精神衛生上良いですよね。
 
 最後にこの模型の出自に纏わる部分はきっと皆さんも気にかかるところでしょう。そこでけんたさんからのメールの内容を要約すると・・・。

 この伊号はいまから1年半ほど前に、大映の調布撮影所が駐車場を建設する為、美術倉庫を取り壊して縮小するという事があった折に、縁あって入手したものだそうです。ところが、調べても由来が判らない。大映の戦争映画では「ああ、海軍」などがあるもののそれは大戦初期の話で、伊号の特型は出てきません。その他の大映作品(テレビ含む)にも、伊号の特型が出た事実はなかったのです。しかもこのモデルは、前半分のみ。各部可動はアップ用。材質は木と樹脂、それにブリキの加工であることから、どこの会社が作ったのか、そして使用されている材質から、いつ頃のモノなのかは、大体判明しましたが、肝心の作品が判りません。

 とまあそういうわけなのですが、果してこれは一体何に使われたモノなのでしょう?…と、ここで期せずして出題者側も答が判らないと言うとんでもないクイズになってしまいました。どなたかその辺の事情を御存知の方、あるいは手がかりになりそうな情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら王国まで御一報下さい。
 

←特型潜水艦(1)へ戻る


TOPページへ戻る
トピックスのページヘ戻る