プラモデルの王国掲示板のごあんない

   来た!見た!語った!


 
 プラモデルの王国の掲示板へは下記リンクからジャンプできますが、掲示板への書き込みをされる方はその下のウィルス対策に関する自己防衛上の注意を読んでから進まれる事をお薦め致します。

プラモデルの王国掲示板 へ行く





【掲示板へ書き込みをされる時のメールアドレス記入上の注意】

 最近新種のウィルスが発見されました。詳細に関してはここでは説明を省きますが、当該ウィルスは「ウィルス感染者が参照したウェブサイト内容の文字列を参照し、e−メールアドレスを探し出す。次にその文字列を送信先にセットして自分自身を添付ファイルにコピーしたウィルスメールを自動送信する。」という手段で感染する機能を有しています。
 これはウィルス感染者が参照したウェブサイトにメールアドレスが記されていると、感染者が知らないうちにそのアドレスをターゲットにウィルスメールが送信されて広まって行く、という事です。

 現在の所ウィルスそのものの症状としてはシステムの完全破壊に至る過激なものの報告は無いようですが、今迄のようなメールソフト資源に依存した「メル友同士のウィルス感染」ではない新手の感染方法の存在が確認された事により、不特定多数の人間に参照されるウェブ環境に自分のe−メールアドレスを公開する事のリスクが大きく上がったと言えるかもしれません。

 ウェブサイトオーナーの場合、多くはmailto構文という仕組みによってメールアドレス自動設定と新規メール作成画面オープンの便利な機能を使用している方が多いと思いますがそれは恰好のターゲットとなるかもしれません。しかしその場合は何らかの手段…例えば真のメールアドレスの前後にダミー文字列を付加して表示し、メール発信者に意識的にダミー文字を外してもらってそれを実効e−メールアドレスとして使用する、等の防衛手段が考えられます。

 所で掲示板などの書き込み画面に準備されている発信者のe−メールアドレス記入欄ですが、これを使用する方の多くはそのような事に精通されていない事が少なく無いと思います。しかし掲示板内容を”ソース表示”で参照されれば明らかなように、そこには記入されたe−メールアドレスが無防備で記述されています。これにより最悪ウィルス感染者が掲示板を訪れただけで、そこにアドレスを記入している人に対してウィルスメールが送信される事になります。
 これに対する自己防衛手段は、掲示板のメールアドレス欄に自分のアドレスを書かない事です。

 しかし現実的にはメールアドレス欄に自分のe−メールアドレスを記入する事は、ネット上での交流を強く助ける手段であり、また自分自身の身元保証を宣言するような性格も有しています。
 そこでプラモデルの王国掲示板では次善の策として、自身のアドレスを記入する場合、アドレス末尾にダミー文字を付加しておき、発言者に対するメール送信が必要になった場合、送信者側でこれを調整するようなやり方で、生の形で自己のe−メールアドレスを記入しない事を推奨致します。
 

TOPページへ戻る