動く戦車オフ会 戦車バトルレギュレーション

クラス→

↓要目
トラディショナル クラス
(1/35ベーシッククラス)
スモール クラス
(1/48ベーシッククラス)
フリー クラス
(1/35スーパーレギュレーションクラス)
サイズ 1/35スケール以下のサイズの実在AFVである事
 ・キット素組、改造、フルスクラッチは問わず
 ・実車は100t以下である事(試作戦車可)
1/48スケール以下のサイズの実在AFVである事
 ・車体が市販のモーターライズキットなら改造は自由
 ・ミツワ等のデフォルメ戦車を含む
車体幅11cm×車体長23cm以内のAFVである事
 ・キット、改造、フルスクラッチは問わず
 ・SF戦車等オリジナルコンセプトAFV可
重量 350g以内 200g以内 600g以内
モーター マブチ13、15、25、RE-140タイプ、FA-130タイプ
 ・キット同梱、またはマブチ純正などノンチューン
 ・走行用に2個以内
FA130タイプ
 ・キット同梱、またはマブチ純正などノンチューン
 ・走行用に2個以内
制限無し
電源 アルカリ電池合計4本(6v)以内 アルカリ電池合計2〜4本(3v)以内…(欄外注記参照) アルカリ電池合計4本(6v)以内
走行装置 接地摩擦係数向上の為の表面処理禁止
 ・キャタピラは材質、連結方法問わず
接地摩擦係数向上の為の表面処理禁止
 ・キャタピラは材質、連結方法問わず
接地摩擦係数向上の為の表面処理禁止
 ・キャタピラは材質、連結方法問わず
制御方式 有線式リモートコントロール
 ・ラジコン不可
有線式リモートコントロール
 ・ラジコン不可
有線式リモートコントロール
 ・ラジコン不可
ギミック
装備等
マインローラー等実車に有る装備は可
 ・射出式架橋、強力BB弾等破壊的飛び道具禁止
 ・キャタピラ脱落防止装置は創意工夫の範疇で可
実車に有る装備は可
 ・キット純正以外の電動ギミックの禁止
 ・キャタピラ脱落防止装置は創意工夫の範疇で可
ドーザーブレード程度の可動装備可
 ・射出式架橋、強力BB弾等破壊的飛び道具禁止
 ・キャタピラ脱落防止装置は創意工夫の範疇で可
備考  子供の頃の1/35リモコン戦車バトルをもう一度!というコンセプトで行う、平易なレベルのクラス。
 基本は市販のリモコンキットだが、近年入手困難な為ディスプレイキット改造、スクラッチも可とした。
 現在でも比較的購入し易い1/48リモコン戦車をクラス分けした部門。
 ジュニア向け部門ではないが低年齢層の参加を勘案し、車体下部は市販のモーターライズキットという制限を設ける。
 ベーシッククラスのレギュレーションに収まらない創意工夫溢れる作品のバトルを想定したクラス。
 但しパフォーマンスの無定見なエスカレーションを防ぐ為、サイズや重量などに一定の制限を設けた。


注:スモールクラスの使用電源について

キットの電源仕様 キット例 レギュレーション上の対応
1.電池2本 3v仕様 タミヤ1/48戦車 ・このままで可。単二、単三コンバートタイプの場合いずれの電池でも良い。
2.電池3本 4.5v仕様 ミツワ1/48デフォルメ戦車 ・単二3本直列で4.5vとなる為、ターミナルを短絡させて電池2本の3v仕様に変更して参加の事。
3.電池4本 3v仕様 アオシマ1/48戦車
最近のアリイ1/48戦車
・単三4本を2本ずつ並列で使用する3vタイプはこのままで可。
・電池を並列にするのではなく、電池2本で1つのモーターをコントロールするシングルタイプのリモコンボックスを、単純に2つくっつけた独立2回線の、電池4本タイプ。このキットも無改造で出場可。
・電池の容量による余裕度は例えばタミヤの単三2本タイプに比較すると有利だが、これはタミヤのリモコンボックスを使用する参加者側で単二電池を使うなどして任意に対応してもらう。
4.電池4本 6v仕様 旧タイプアリイ1/48戦車 ・単三4本直列で6vとなる為、ターミナルを短絡させて電池2本の3v仕様か、3.のタイプのように2本ずつ並列で使用する3vタイプに変更して参加の事。

つまり電池は4本以内で電圧を必ず3vに統一する、という考え方です。現在迄に市販実績のある1/48クラスのキットは上記いずれかの分類に含まれると思われます。